ペット介護用品の専門店 K9カーツ動物用車イス日本正規輸入元

  • 12月14日は臨時休業します。
  • 土曜日・祝日のご来店は車いすの試乗や 介護相談がゆっくりとお話しが出来るように しておりますのでご来店時間のご予約をお願いします。

お問い合わせはこちら

販売店募集

店舗情報

〒659-0075
芦屋市津知(つち)町1-23
TEL:0797-31-8282
FAX:0797-31-8285
メールはこちら
営業時間:10時~17時
休業日:水・日
(日曜日はご予約のみ営業)

※車いすの試乗や介護相談はご来店時間のご予約をお願いします。

※多忙期は変更することがありますのでご了承下さい。

 


リハビリテーション(rehabilitation)とは、"re(再び)""habilis(適した)""ation(動き)"に戻すこと、という意味のラテン語が由来です。リハビリの対象は手術後やケガをした動物ばかりではなく高齢の動物たちの関節炎や寝たきり介護のときにも有効です。
歩行障害のあるペットには必ず犬用車椅子などの歩行補助用品が必要です。ゆっくりでも歩くことは代謝がよくなり内臓の働きも活発になります。
K-9犬用車椅子は完全に歩けなくなってからだけ使うものではなく今ではリハビリ用として多くの動物病院でご使用されています。動物はどうして歩けないのか分かりませんので、思うように動けないことは想像以上のストレスを感じるようです。

人間同様、寝ている時間が多くなると床ずれができたり筋肉が落ちていきます。介護は一日で終わるものではありません。K-9犬用車椅子を使うことで日々のご負担を軽減し、動物や飼い主様の生活の質(QOL)の向上をお手伝いすることができます。

高齢犬猫を介護することは人間同様高齢者の介護と基本的には同じです。
介護は1日で終わるものではないのです。

時には長期にわたることもあります。 高齢犬猫と飼い主様の生活パターンを考え、双方の負担を減らすことが人間同様QOL(生活の質)を工夫する事がもっとも大切なことなのです。

「犬や猫は治療の意味もわかりません。」 「未来や死に対する恐怖心も持っていません。」 「彼らにとっては「今」が全てです。 高齢パートナーにとっては今の苦しみ痛みを少しでも緩和してあげる事がもっとも幸せではないでしょうか?

治療は獣医さんにお任せするしかありませんが、何よりもパートナーのことを知り、性格や身体の変化に気づくのは1番身近に居る飼い主様です。 パートナーにとって1番心強い介護士さんになってください...。


介護サービス 芦屋バティーズでは、介護福祉士(人間介護の現場経験者)・動物福祉士 の資格を取得している
介護のプロ、動物のプロが飼い主様、パートナーを 全力でサポートさせていただきます。

詳細はこちら



介護ケアサービス導入をご検討中の
企業様・ペットショップ様の
お手伝いをさせていただきます。

詳細はこちら