未分類

犬のダイエット中のカロリーは?体重と運動量からの計算式

太ってしまった愛犬のダイエットのため、
食事管理や運動を頑張っている飼い主の
方は多いでしょう。

なかには餌の量を減らしたり
運動量を増やしているのに、

結果が出なくて悩んでいる方も
いるのではないでしょうか?

犬のダイエットは、
個々の目標にあわせた適切な餌の量と
運動量のバランスがとても大切です。

平均的な量だけを参考にしていると、
摂取カロリーが多すぎて痩せずに、
逆にどんどん肥満になってしまう
こともあるんですよ。

そこで今回は、
犬のダイエット中に必要なカロリーを、
体重と運動量も含め計算する方法を
ご紹介したいと思います。

カロリーのとりすぎは肥満だけでなく、
さまざまな病気のリスクを高める原因に
なります。

そのようなことになる前に、
愛犬に合った適正なカロリーを知り、
ダイエットを成功させてあげましょう!

犬はダイエット中だからってカロリーを控えすぎると危険!

ダイエット中だからって、
カロリーを控えすぎてはいけません。

人間も同じですが、
大幅にカロリーを減らし過ぎると
必要な栄養が足りずに栄養不足となり、
病気に繋がる恐れがあります。

また必要な筋肉も衰えてしまうために、
怪我の原因にもなります。

愛犬の健康のためのダイエットが、
却って愛犬の体調を崩してしまうことに
なり兼ねません。

犬は自分の体調を言葉で話すことが
できない分、飼い主がバランスよく
管理をしてあげることがとても大切
なのです。

ですので
生活する上で必要なカロリーと、
個々の生活の消費カロリーを考えて、
餌の管理をすることが、
健康的なダイエットに大切なのです。

犬に必要なカロリーを計算する方法

では実際に
必要なカロリーの計算方法をご紹介します。

後半では個々に合わせた
細かい計算方法もご紹介しますが、

まずは始めに
ダイエット中の犬に推奨されるカロリーを、
現在の体重と理想の体重から
計算してみましょう。

ダイエット中の犬に推奨されるカロリー
の求め方は、

理想体重の
安静時エネルギー要求量(RER)×1.4

このように求めます。

安静時エネルギー要求量(RER)とは、
健常な動物が気温は中程度の環境で、
休んでいるが絶食はしていない状態
でのエネルギー要求量のことです。

まずは表を見て、
愛犬の安静時エネルギー要求量は
どのくらいかを知りましょう。

●犬の安静時エネルギー要求量●

kg kcal kg kcal kg kcal
3 160 15 534 37 1,050
4 198 17 586 40 1,113
5 234 20 662 42 1,155
6 268 22 711 45 1,216
7 301 25 783 47 1,257
8 333 27 829 50 1,316
9 364 30 897 52 1,356
10 394 32 942 55 1,413
12 451 35 1,007 57 1,451

 

この表から、
例えば犬の体重が3kgの場合、
RERは160kcalということになります。

この安静時エネルギー要求量に1.4を
掛けた値が、ダイエット中の犬に推奨
されるカロリー
になります。

例えば、
体重10kgの犬が9kgを目指して
ダイエットをするとしましょう。

その場合
364kcal(理想体重のRER)×1.4で
510kcalが与えても良い適正カロリー
ということになります。

また体重30kgの犬が27kgを目指して
ダイエットしている場合は、
829kca×1.4で1160kcalが適正な
摂取カロリーということになります。

フードの袋の後ろを見て、
このカロリーの該当する量の餌を
1日分の食事として与えるように
しましょう。

そして、個々の生活環境や年齢に応じて
RER×1.0~1.4の範囲内で減らしたり
増やしたり
します。

RER×1.4はあくまで
平均的な運動量がある犬の場合です。

運動量が少ない場合は×1.0などに
減らして計算してみましょう。

ちなみに老犬の場合には、
安静時エネルギー量自体が変わります。

また老犬の場合は
ダイエット方法をしっかり考えないと、
病気や免疫力の低下などに繋がる恐れも
あります。

できれば動物病院で相談しながら
行うほうが良いでしょう。



犬のダイエットでのカロリーの注意点

上記でもお伝えしましたが、
犬の食事管理で大切なことは、
犬の環境や体質にあったカロリー管理
をする
ということです。

実際に
ダイエットが上手くいかない原因に、
必要カロリーが愛犬にあっていない
というケースが多くあります。

実は多くの飼い主の方が参考にする
ドッグフードの袋に記載されている量は、

平均値に基づいて計算されているため、
愛犬にとって必ずしも適正な量とは
限りません。

いくらフードを平均的な量で与えていた
としても、運動量が足りていなかったら
犬はどんどん太ってしまうのです。

ですので
運動量や生活習慣を考慮した上で
愛犬にとって適正な量を把握する
ことが大切ですよ。

次に詳しくご紹介して行きます。

1.同じ犬種でも生活環境や体重によって必要なカロリーは違う

何度も言いますが、
犬にとって必要なカロリーは
同じ犬種でも生活環境や体重、
月齢によって変わってきます。

見た目だけではその子に合った餌の量を
判断することはできないのです。

具体的には

  • 1日の運動量(散歩・遊び)
  • 避妊去勢手術の有無
  • 生活場所の温度
  • 性格
  • 体質

このようなことで、
必要なカロリーは変わってきます。

先ほどの表を参考に、個々に合わせて
調整してあげるようにしましょう。

2.摂取カロリーと同様消費カロリー計算も重要

必要な摂取カロリーの計算方法が
分かったら、
次に大切なのが消費カロリーを管理する
ことです。

目標をしっかりと立て
消費カロリーも管理することが、
健康的なダイエットでは大切です。

ここで消費カロリーの計算方法を
しっかりと覚えましょう。

犬が1日に必要とするエネルギーを
1日当たりのエネルギー要求量(DER)
と言います。

このエネルギーのなかには

  • 安静時エネルギー要求量(RER)
  • 運動時エネルギー要求量(EER)
  • 食餌性熱効果(TEF)
  • 熱産生適応性(AT)

といった細かい要素から
構成されています。

しかしこのなかで、
運動時エネルギー要求量(EER)以外は
日々大きく変動することはありません。

ですので
犬の消費エネルギーを増やすためには
この運動時エネルギー要求量を増やして
あげれば良いのです。

そして
どのくらい増やせば良いのかですが、
まずは犬が歩いたり走ったりしたときの
消費エネルギー(EER)を見てみましょう。

●運動時エネルギー要求量●(1km)

kg kcal kg kcal kg kcal
3 6 15 19 37 34
4 8 17 20 40 36
5 9 20 23 42 37
6 10 22 24 45 39
7 11 25 26 47 40
8 12 27 28 50 42
9 13 30 30 52 43
10 14 32 31 55 45
12 16 35 34 57 46

 

この表から愛犬の
運動時エネルギー要求量が分かったら、

目標消費エネルギー
÷運動時エネルギー要求量

をすると
目標に必要な運動量(km)が出ます。

例えば体重10kgの犬の消費エネルギーを
50kcal増やそうとしましょう。

目標消費エネルギー50kcal÷
1km当たりの消費エネルギー14kcalで、
およそ3.6km運動が必要であることが
わかります。

また、体重30kgの犬の消費エネルギーを
100kcal増やしたい場合は、

目標消費エネルギー100kcal÷
1km当たりの消費エネルギー30kcalで、
およそ3.3kmの運動が必要になります。

このようにしてダイエット中に増やすべき
運動(散歩)の量を求めるようにしましょう。



3.ドッグフードはカロリーよりも原材料がポイント

また毎日与えるダッグフードは、
カロリーよりも原材料が大切です。

実は一般的に売られている
ダイエット用のドッグフードは、
低カロリーにするために
大切な栄養まで減らされていて、
栄養面で偏りがでてしまいます。

また粗悪な原材料や脂分が
多く使われているフードの場合、
きちんと栄養が消化されずに体内に
溜まり、肥満の原因にもなります。

毎日与えるドッグフードがこれでは、
いくら管理をしていても
健康にダイエットはできません。

ですので添加物などが使われていない、
犬にとって消化吸収の良い原材料を
使っているドッグフードを与える
ようにしましょう。

こちらに
ダイエット中におすすめのドッグフード
をご紹介した記事がありますので、
ぜひ参考にしてみて下さいね。

⇒犬のダイエット用ドッグフード!人気ランキングTOP5!

またそれと合わせて、
ダイエット中の食事にはかさましを
してあげるのがおすすめです。

こちらでかさましにおすすめの食材と
かさましの方法をご紹介していますので、
合わせて参考にして下さいね。

⇒犬のダイエットで満腹感をUPするコツ!かさましに効果的な食材5選

ダイエット中はかさましなどの工夫を
して、犬にストレスを与えないように、
食事の管理をしてあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は
犬のダイエット中に必要なカロリーを、
体重と運動量も含め計算する方法を
ご紹介してきました。

後半では消費エネルギーの計算方法も
お伝えしましたね。

このように数字で目標を立てると、
ダイエットの効果が目に見えやすい
ので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

そして犬は言葉で話すことができない分、
飼い主がバランスよく管理をしてあげる
ことがとても大切ですよ。

犬のためを思ってしたダイエットが
却って身体に悪影響にならないように、
しっかりと管理をしてあげましょうね。

そして老犬や持病がある犬などの場合は
ダイエットによって身体を壊すことも
あります。

かかりつけの動物病院と相談をしながら
ダイエットを行なうようにしましょうね。

また犬のダイエットには、
サプリも効果がありおすすめです。

サプリで体内環境を改善して、
肥満を改善してあげましょう。

⇒犬のダイエットにはサプリが効果的!愛犬家が選ぶおすすめTOP5!

他にもこちらに
効果的なダイエット方法をまとめた記事
がありますので合わせてご覧下さいね。

⇒犬のダイエットを成功させる秘訣!効果的な6つの予防&改善方法

愛犬にあったダイエット法を
見つけてあげましょう。

ABOUT ME
ももこ
自己紹介をご覧いただきありがとうございます。 動物大好きで猫4匹と犬2匹と賑やかに暮らしています♪ 専門学校にて動物のことを学び、卒業後は動物看護士として働いていました♪動物看護士、ペットトリマー、ドックトレーナー、愛玩動物飼養管理士、ホリスティックケアカウンセラーの資格を持っております。 また時間があるときには里親ボランティアなどに参加しております。いま一緒に暮らしているわんちゃんねこちゃんは皆引き取った子達です♪ 学んできたことや経験を生かし、皆様に良い記事をお届けできればと思います(^-^)宜しくお願い致します。ももこ