未分類

犬のダイエット中の食事管理はこれでOK!量の計算式まで徹底解説!

犬が太ってしまう原因は様々ですが、
食事に問題があることが大半です。

ですので犬のダイエットでは
食事管理がメインになります。

でも実際に食事管理をしようとしても、
愛犬にとっての適切な量や正しい管理
の仕方が分からず、

結局きちんと管理できていない
なんてことはありませんか?

実際に効果もあまり出ないと、
続けていても意味のないような
気がしてしまいますよね。

そんな方のために今回は、
犬のダイエット中の食事管理のコツと
食事の量の計算式まで詳しくご紹介
したいと思います。

管理が難しい犬のダイエットですが、
正しい方法で行なえば、
しっかりと効果も出てきますよ。

犬は人間のように
自分の体調を話すことができないため、

逆に適切な管理をしてあげないと、
ダイエットが原因で犬の健康を
害して
しまうこともあります。

そうならないためにも、
しっかりとダイエットの知識を持ち、
ダイエットを成功させてあげましょう!

●極端な食事量の制限はしない

どのような場合も大切なのが、
無理なく健康なダイエットをする
ということです。

短期間での大幅なダイエットは、
犬の健康を害し病気の原因にも
なってしまいます。

短期間で減らしたいからと
食事を急に激減させたりすることは、
犬の病気などに繋がります。

減量の量は重さではなく、
現在の体重に対してのパーセントで考え、
ゆっくりと減らしていくことが大切です。

ペースをつかむためにも
しっかりと始めに目標を立て、
それに沿ってダイエットを計画的に
行なう
ことが大切ですよ。

●ドッグフードを減らすより、まずは間食から制限

よく
ドッグフードの量を減らしているからと、
おやつはそのまま与えてしまうケースが
ありますが、

それでは健康的なダイエットは
成功しません。

実は犬が太る原因として
おやつを与えすぎている場合が多く、
その場合にはまずはフードよりも
おやつの制限が先になります。

欲しがっているからとついつい
その度におやつを与えたり、

高カロリーな人間用のものを
与えていることはありませんか?

それではいくら食事管理を
していても体重は減りません。

人間用のものを与えないことや
意味なく間食させないということは、
犬のダイエットの基本です。

またおやつはクッキーやジャーキー
などよりも、野菜や噛み応えのある
ガム等がおすすめです。

またおやつが習慣になっている場合は
急におやつを与えなくなるとストレス
になりますので、
少しずつ量を減らしていきましょう。

犬はおやつの大きさではなく、
もらった回数で喜びを感じる生き物です。

おやつを小さくして複数回にして与えれば、
愛犬の満足度はそのままですが
おやつの量を減らすことができますよ。

具体的にダイエット中のおやつの量は
1日の食事の10%以下が理想です。

おやつを与えたらその分餌を減らす
などと工夫をし、1日の給与量を
超えないようにしましょう。

●犬の環境や体質にあった食事管理を

犬の食事管理で大切なことは、
犬の環境や体質にあった食事管理をする
ということです。

実際に
犬が太ってしまう原因として多いのが、
ドッグフードの適正量があっていない
というケースです。

犬は同じ犬種でも同じ体格でも
それぞれ個体差があります。

ドッグフードの袋に記載されている量は
平均値に基づいて計算されているため、
愛犬にとって必ずしも適正な量とは
限りません。

いくらフードを平均的な量で与えていた
としても、運動量が足りていなかったら
犬はどんどん太ってしまうのです。

ですので
運動量や生活習慣を考慮した上で
愛犬にとって適正な量を把握する
ことが大切ですよ。

●かかりつけの獣医師に相談するのも◎

とはいっても
なかなか自分で適正な食事の量や
必要な運動量を把握するのは難しい
ですよね。

今の適正な量を出すには、
年齢や今の体格、理想の体系など
必要な情報はたくさんあります。

飼い主だけではなかなか難しいので、
まずはかかりつけの動物病院で相談
してみることをおすすめします。

獣医さんに見てもらえれば、
愛犬に応じた適正体重を教えて貰えます
し、管理のアドバイスも貰えますよ。

実際に私は動物看護師をしていましたが、
ダイエットの相談を受けた際には
個々に合わせた方法のアドバイスしたり、
食事量の目安を計算したりしてきました。

中には検査で調べてみたら、
肥満の原因が病気だった
というケースもあります。

いずれにしても
愛犬の肥満が気になったら早めに
動物病院に連れて行ってみましょう。



犬のダイエット中の食事管理で重要な食事量の計算方法


動物病院でアドバイスをもらえる
といいましたが、もちろん自分でも、
ダイエット中の食事量の計算はできます。

実際には犬の環境や体質にもよりますが、
適切な食事管理のためにも
まずは計算してみてくださいね。

まず食事量として、
必要な摂取エネルギー量を求めます。

ダイエット中の犬に推奨される
エネルギー量の求め方は、

理想体重の
安静時エネルギー要求量(RER)×1.4

このように求めます。

安静時エネルギー要求量(RER)とは、

健常な動物が、気温は中程度の環境で
休んでいるが絶食はしていない状態

でのエネルギー要求量のことです。

まずは表を見て、
愛犬の安静時エネルギー要求量は
どのくらいかを知りましょう。

●犬の安静時エネルギー要求量●

kg kcal kg kcal kg kcal
3 160 15 534 37 1,050
4 198 17 586 40 1,113
5 234 20 662 42 1,155
6 268 22 711 45 1,216
7 301 25 783 47 1,257
8 333 27 829 50 1,316
9 364 30 897 52 1,356
10 394 32 942 55 1,413
12 451 35 1,007 57 1,451

 

この表から、
例えば犬の体重が3kgの場合、
RERは160kcalということになります。

この安静時エネルギー要求量に1.4を
掛けた値が、ダイエット中の犬に推奨
されるカロリー
になります。

例えば、
体重10kgの犬が9kgを目指して
ダイエットをするとしましょう。

その場合
364kcal(理想体重のRER)×1.4で
510kcalが与えても良い適正カロリー
ということになります。

また体重30kgの犬が27kgを目指して
ダイエットしている場合は、
829kca×1.4で1160kcalが適正な
摂取カロリーということになります。

フードの袋の後ろを見て、
このカロリーの該当する量の餌を
1日分の食事として与えるように
しましょう。

しかし
生活や環境の違いなどによって
摂取カロリーも違ってくるため、

ペットの体質や生活環境に応じて
RER×1.0~1.4の範囲内で
減らしたり増やしたりして下さいね。



犬のダイエット中の食事回数

犬のダイエット中の食事回数ですが、
特に減らしたり増やしたりする必要は
ありません。

1日2回、
いつもと同じように与えましょう。

ダイエット中は犬が満足するために
少量ずつ3回にして与えるという場合も
ありますが、

日中は飼い主もあげ忘れが多く、
結局は食事の管理がしにくいので
あまりおすすめではありません。

今まで同様に1日2回で、
犬が減ったことに気が付かないように
少しづつ量の調節をしていきましょう。

犬がダイエット中の食事に満足しない時はカサ増ししてもOK

とはいえ
今まで満足するほどたくさん食べて
太ってきてしまった子たち、

食べることがとても楽しみなので、
ダイエット中の食事に満足しない
こともあります。

そうなると大きなスレストとなり、
拾い食いや無駄吠え、破壊行動などの
問題行動に繋がるケースもあるんです。

もし愛犬がダイエット中の食事に
満足していないなと思ったら、
そのようなことが起こる前に
カサ増し作戦を使いましょう!

適正量のフードを少し減らしたところに
ヘルシーでボリュームのある食材を
加えてあげることで、
簡単にダイエット用の食事ができますよ。

それでは次に
カサ増しに最適な野菜をご紹介します。

●犬のダイエット中の食事のカサ増しに最適な野菜

野菜はビタミンが豊富で低カロリーで、
ダイエット中の食事のカサ増しには
とてもおすすめです。

塩などは一切加えず、
茹でたり蒸したりした野菜を
フードに混ぜてあげましょう。

特におすすめなのが、

  • キャベツ
  • もやし

です。

両方とも生では与えず、
茹でて細かく刻んでトッピング
してあげましょう。

きのこ系もカサ増しにおすすめですが、
消化が悪いので与える際は少量にします。

果物や根菜類は糖分が多いので
ダイエットには不向きです。

こちらにカサ増しにおすすめの材料を
まとめてご紹介した記事がありますので、
合わせてご覧下さいね。

⇒犬のダイエットで満腹感をUPするコツ!かさましに効果的な10の食材

効果的な食材ばかりですので、
毎日の食事にぜひ取り入れてみて下さい。

では次に
おすすめのダイエットレシピを
ご紹介したいと思います!



●犬のダイエットにおすすめのレシピ

犬のダイエットに
特に私がおすすめしたいレシピは、
ササミとキャベツの組み合わせです。

ササミは低カロリー高タンパクなので、
特に犬のダイエットにはおすすめですよ。

作り方はとっても簡単で、
刻んでそれぞれ茹でるだけです。

また寒天を使ってゼリー状に固めれば、
腹持ちも良くカサ増しができます。

ドッグフードを半分量にして
トッピングしてあげましょう。

このような手作り食は、
ドッグフードだけよりヘルシーで
ダイエットにはおすすめですよ。

またダイエットの際には、
良質なダイエット用のドッグフードを
与えるようにしましょうね。

こちらで人気のドッグフードをご紹介
していますので参考にしてみて下さい。

⇒犬のダイエット用ドッグフード!人気ランキングTOP5!

ドッグフードを変えるだけでも、
ダイエット効果はありますよ。

また犬用のサプリも、
ダイエットに効果があるんです。

⇒犬のダイエットにはサプリが効果的!愛犬家が選ぶおすすめTOP5!

愛犬にあったダイエット法を
見つけてあげて下さいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は
犬のダイエット中の食事管理のコツと、
食事の量の計算式まで詳しくご紹介
してきました。

後半ではダイエット食のカサ増し
の方法もお伝えしましたね。

犬のダイエットは
飼い主の適切な管理が大切ですが、
厳しく管理しすぎてもストレスとなり
逆効果になることもあります。

ですので
このような工夫を取り入れながら、
犬にも人にもストレスのないように
ダイエットを行なうことが大切なのです。

愛犬の健康のために、
正しい食事の管理をして、
ダイエットを成功させてあげましょうね。

また
食事量の計算方法をお伝えしましたが、
なかには運動量も含めた計算方法が
知りたいという方もいると思います。

こちらの記事では、
運動量も合わせたダイエット中の
カロリーの計算方法をご紹介して
いますので、参考にして下さいね。

⇒犬のダイエット中のカロリーは?体重と運動量からの計算式

また、
ダイエットを成功させるための秘訣
をまとめた記事もおすすめです。

⇒犬のダイエットを成功させる秘訣!効果的な6つの予防&改善方法

正しいダイエット方法を行なえば、
犬の肥満は必ず予防&改善
することができますよ。

ABOUT ME
ももこ
自己紹介をご覧いただきありがとうございます。 動物大好きで猫4匹と犬2匹と賑やかに暮らしています♪ 専門学校にて動物のことを学び、卒業後は動物看護士として働いていました♪動物看護士、ペットトリマー、ドックトレーナー、愛玩動物飼養管理士、ホリスティックケアカウンセラーの資格を持っております。 また時間があるときには里親ボランティアなどに参加しております。いま一緒に暮らしているわんちゃんねこちゃんは皆引き取った子達です♪ 学んできたことや経験を生かし、皆様に良い記事をお届けできればと思います(^-^)宜しくお願い致します。ももこ