未分類

猫の目やにの原因とは!アレルギーも関係しているの?

愛猫の目から目やにが出続けている場合
それはもしかするとなんらかの異常や病気が
原因かもしれません。

そこで今回は猫の目やにが出続ける原因3つ

  • 外傷による目の損傷
  • 感染症
  • アレルギー反応

についてと、
アレルギー反応への対処法について
解説していきたいと思います。

それぞれ、
目やにのほかにも伴う症状があるので
愛猫に当てはまるものがどれかを
チェックしながら読んでみてください。

愛猫の目やにの原因を究明し、
異常や病気の早期発見・早期治療に
つなげましょう。

猫の目やに!主な3つの原因とは?

猫の目やにが出続ける場合
考えられる原因は3つです。

  • 目の損傷
  • 感染症
  • アレルギー反応

以下でそれぞれ症状などを詳しく説明します。

1.外傷による目の損傷

猫の目やにが出続ける場合、
目を損傷している原因の可能性があります。

外傷の要因としては

  • 砂埃・ゴミなどの異物が
    入って傷ついた
  • 猫同士の喧嘩で
    引っかき傷を負った
  • 家具などにぶつかって傷ついた

などが挙げられます。

目の表面を覆っている角膜に異常がある場合
涙や目やにがたくさん出て、
血が混じる場合も。

角膜が炎症を起こした状態の角膜炎の場合
猫は目が痛く光がまぶしいので
涙をさかんに流し、頻繁に瞬きをします。

また角膜は白く濁り、
症状が重い場合は強い痛みで
目を開けることができなくなる場合も。

目を痛がったり、
目を開けづらそうな仕草がないか
チェックしましょう。

治療は抗生物質の投与、
医療用コンタクトレンズの着用などです。

猫が目をひっかいてしまわないよう
エリザベスカラーが着用されます。

角膜の損傷がひどく穴が空いている場合は
瞬膜や結膜を引き伸ばして一時的に
目を覆って保護する手術を行います。

また回復する見込みがないときは
角膜の移植手術を行うこともまれに
あります。

放置すると細菌感染して
視力の低下が起こったり、
最悪の場合失明してしまうこともあるため、
早めに病院へ連れていってください。

2.感染症にかかっている

またなんらかの感染症にかかっていることも
猫の目やにが出続ける原因の1つです。

猫カリシウイルス・猫ヘルペスウイルスに
感染することで起きる
ウイルス性呼吸器感染症いわゆる「猫風邪」
の場合、

  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 声が出なくなる

などのほか、

  • 目やにが出る
  • まぶたが腫れる

といった結膜炎の症状が現れたりもします。

結膜炎については
こちらの記事をご覧ください。

猫の目やには自然治癒で治る?結膜炎の症状とは?

症状や必要なケアについて詳しく
解説してありますので是非参考にどうぞ。

軽い感染症では3~4日で
回復することもありますが、
重いときには40度以上の熱を出して
食欲がなくなって何日も食べないこともあり、

体力のない幼猫や高齢猫はそのために
死亡してしまうこともあるので要注意です。

治療は抗生物質や抗炎症薬などを内服させ
点眼薬や点鼻薬を併用して行います。

猫カリシウイルス・猫ヘルペスウイルス、
共にワクチン接種することで予防が可能です。

またクラミジア感染症も
上で挙げた猫風邪の1つ。

クラミジアというウイルスと細菌の
中間の微生物が感染することで、
引き起こされます。

症状としては

  • 粘着性の目やにを伴う結膜炎
  • 鼻水が出る
  • くしゃみが出る
  • 気管支炎になる
  • 肺炎になる

などが挙げられ、

粘着性の目ヤニを伴う結膜炎が特徴で、
ウイルス性の結膜炎より症状が長引き、
慢性化しやすいです。

治療は、抗生物質を点眼や点鼻で
投与するか、全身投与して行います。

他の猫への感染防止のため、
感染症にかかっている猫と触れ合ったあとは
手洗いとうがいをしっかり行いましょう。



3.アレルギー反応によるもの

アレルギー反応も、
猫の目やにが出続ける原因である可能性
あります。

動物や人間の体には外から入ってくる
病原体や異物を排除して自分の体を
守ろうとする仕組み「免疫反応」が
備わっています。

この防御システムが働くことによって
侵入してくる病原体や異物を
取り除いているのですが、

この仕組みが必要以上に働いて激しい反応を
引き起こすのが「アレルギー」です。

猫のアレルギー反応を引き起こす物質は
ハウスダスト・食べ物・
体に触れる食器や首輪などさまざま。

敏感な猫がこれらに長く接することで
体から排除しようとして

  • くしゃみ・鼻水・目やに
  • 下痢・嘔吐
  • かゆみ

などといったアレルギー反応を起こすことに
なるのです。

愛猫にアレルギー反応を起こさせない為には
日頃からアレルギー要因を除去することが
大切です。

アレルギーによる猫の目やにの対処法

上でも述べましたが、愛猫に目やになどの
アレルギー反応を起こさせない為には、
日頃からアレルギー要因を除去することが
何よりも大切です。

具体的な対策は以下の4つ。

  • 原因となるものを排除する
  • キャットフードを切り替える
  • ノミ・ダニを徹底駆除する
  • 病院で治療を受ける

以下で詳細を説明します。

またこの他の目やに対処法については
こちらの記事をどうぞ。

猫の目やにの対処法!効果があった7つの予防&改善方法とは?

実際に効果があった対処法なので
是非トライしてみてください。



1.アレルギーの原因となるものを排除する

まずは最もシンプルかつ重要なのが、
アレルギー反応の原因となるものを
排除すること。

ハウスダスト・食べ物・
体に触れる食器や首輪など
猫のアレルギー反応を引き起こす物質は
さまざまですが、

アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)を
取り除くことが
愛猫の健康への一番の近道です。

容易なことではありませんが、
例えば掃除を徹底してハウスダストによる
アレルギー反応を防ぐなど、
できることから始めましょう。

2.キャットフードを切り替える

アレルギーの原因が
特定の食べ物と考えられる場合、
その食べ物ではなく別の食べ物を
与えることで症状を軽くすることができます。

フードの原材料がアレルゲンに
なっているときは
キャットフードを
切り替えてみましょう。

猫の目やにに効くキャットフードの情報は
こちらから。

猫の目やにに効くキャットフード!おすすめランキングTOP5選

おすすめ5品について
詳しく紹介してありますので是非参考に
してください。

3.ノミやダニの駆除を徹底する

ノミはアレルギー性皮膚炎の原因に、
ダニの死骸はハウスダストによる
アレルギー反応の原因になるため、

これらを駆除することが
愛猫のアレルギー対策になります。

ノミやダニはほこりや塵を好むので、
部屋の隅など見落としがちな場所まで
徹底して掃除をしましょう。

またノミやダニは湿気を好むので、
定期的に換気を行い、
住みやすい環境を作らないよう
心がけてください。

4.病院へ行き治療を受ける

対処療法となりますが、
病院で治療を受けさせることも大切です。

抗ヒスタミン剤(抗アレルギー薬)
炎症を起こす物質をブロックする

副腎皮質ステロイド薬(抗炎症薬)
炎症を強力に抑える

などで症状を軽減させます。

副腎皮質ステロイド薬は大変強力ですが
副作用も強いので
慎重に使用する必要があります。



目やに・涙の量、色に応じて早めに病院へ

目やにとは、涙の中に含まれている
粘液に古くなった細胞や目に入った
ゴミなどが混ざってできた老廃物のことで
通常の量ならば心配はいりません。

ですが量や色によっては
体に異常や病気を抱えていることを
示している可能性もあるのです。

詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ。

猫の目やにの色とは!色別に健康状態が分かるって本当?

目やにの色や量で猫の健康状態をチェックし
おかしいと感じたら早めに病院へ連れていき
適切な治療を受けさせましょう。

その際は抗生物質の点眼薬などを使用する
可能性がありますが、
その理由とリスクについても
是非知っておいてください。

猫の目やにに抗生物質を与える理由とは?リスクが伴うって本当?

猫の目の健康を守ってあげられるのは
飼い主さんだけです。

まとめ

猫の目やにが出続けるときに
考えられる原因

  • 外傷による目の損傷
  • 感染症
  • アレルギー反応

です。

そしてアレルギー反応への対処法はこちら。

  • 原因となるものを排除する
  • キャットフードを切り替える
  • ノミ・ダニを徹底駆除する
  • 病院で治療を受ける

目やにとは老廃物のことで、
通常の量ならば心配はいりません。

ですが量や色によっては
体に異常や病気を抱えていることを
示している場合もあるので
猫の健康状態をチェックし、

おかしいと感じたら早めに病院へ連れていき
適切な治療を受けさせましょう。

また日頃からサプリメントを摂って
体調を整えるのもおすすめ。

猫の目やににおすすめなサプリ!人気ランキングTOP5選

愛猫にぴったりなサプリを
是非見つけてあげてくださいね。

ABOUT ME
舟坂ちよみ
猫2匹と暮らすライターです。 日々ニャンズから幸せをもらっているので、 そのお返しができるよう勉強したくて愛玩動物飼養管理士になりました。 我が家のニャンズと触れ合うことはもちろん、 猫マンガや猫映画を楽しむことも大好きです!