未分類

猫の目やにと腫れがでる!眼球とまぶたの部位によって原因は違うの?

愛猫の健康チェックの中で
目やにに加えてまぶたの腫れや眼球の腫れ
症状を見つけた場合、

病気や異常を抱えている可能性が
非常に高いです。

そこで今回は

  • 目やにとまぶたの腫れ
  • 目やにと眼球の腫れ

それぞれの症状が出た際に考えられる
病気や原因について解説していきたいと
思います。

ぜひ愛猫の症状と照らし合わせて
ご覧ください。

飼い主さんは心配のあまり
動揺してしまいがちかと思いますが、

不安が伝わると猫のストレスになるので、
ここは落ち着いて冷静に行動することが
大切です。

なるべく早く病院へ連れていき、
適切な治療を受けさせましょう。

猫の目やにと眼球の腫れ!考えられる原因と病気

まず、
目やにと眼球の腫れの症状が伴って出た場合
考えられる原因と病気は以下の通りです。

  • 異物混入による結膜炎
  • 猫ヘルペス感染による角膜炎
  • 緑内障

以下でそれぞれの病気について
症状などを説明します。

また眼球の腫れが伴わない目やにの場合
原因はアレルギーが関係しているかも
しれません。

猫の目やにの原因とは!アレルギーも関係しているの?

対処法を詳しく解説してありますので
是非参考にどうぞ。

1.異物混入による結膜炎

結膜炎とは、
眼球の白目からまぶたの裏側を覆っている
「結膜」と呼ばれる膜に炎症が起きた状態を
指します。

細菌感染や他の病気から
併発することによってなどで起こりますが、
異物混入も結膜炎の原因の1つです。

目の中にゴミ・花粉・粉塵などの
異物が入って炎症が起こり、
結膜に波及してしまうのです。

  • 前足で目をこすろうとする
  • 床や壁に目をこすりつける
  • 白目が充血する
  • まばたきが多くなる
  • 涙が多くなる
  • 目やにが出る
  • 眼球が腫れてやや大きくなる

といった症状がみられます。

この他、結膜炎について
詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

猫の目やには自然治癒で治る?結膜炎の症状とは?

自然治癒で治ることもありますが、
子猫や高齢猫は重症化しやすいので
注意が必要です。

2.猫ヘルペス感染による角膜炎

目の表面を覆っている角膜が
炎症を起こしている状態を角膜炎と言います。

猫同士の喧嘩で傷を負ったり、
ゴミやホコリなど異物の侵入・
アレルギーや結膜炎からの波及などに
よっても起こりますが、

ウイルス性のいわゆる「猫風邪」を
引き起こす猫ヘルペスウイルスに
感染することも原因の1つです。

角膜炎の症状としては

  • 涙が普段より多くなる
  • 目やにがたくさん出る
  • 眼球が腫れる
  • 光をまぶしがる
  • まばたきが増える
  • 目を気にして前足でいじる

猫風邪は

  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 声が出なくなる

などの症状が挙げられます。

3.ブドウ膜炎、眼球内腫瘍、水晶体脱臼による緑内障

緑内障は、目の機能を正常に保つ上で
適切な圧力以上に眼圧(眼球内部の圧力)が
高くなるために起こる病気です。

この病気が進行すると目の奥にある
視神経が圧迫されて視力障害があらわれ
時には視力を失うことも。

猫の場合は、目の中に別の病気があり
それが影響して引き起こされる
「続発性緑内障」が多いです。

以下は続発性緑内障を引き起こす原因です。

ブドウ膜炎

虹彩・脈絡膜・毛様体の総称である
「ブドウ膜」が、

  • 目をぶつけた
  • ウイルスに感染した

などなんらかの原因により
一部もしくは全体に炎症が起こった状態を
いいます。

眼球内腫瘍

目にできる腫瘍のことで、
発生頻度が高いものが
悪性黒色腫(メラノーマ)です。

他の腫瘍と同じく高齢の猫に発生しやすく
転移の可能性も。

眼球摘出を行なっての治療を勧められます。

水晶体脱臼

眼球のレンズに相当する水晶体の位置が
本来の位置からずれてしまった状態の
ことです。

ブドウ膜炎、眼球内の腫瘍、外傷などに
よって毛様体と水晶体に異常な圧力が
かかることで連結が分断されて発症します。



緑内障による腫れの場合、放っておくと失明の恐れも

緑内障は眼圧が上昇することで
視神経が圧迫されて視力障害が起こり、
最悪の場合失明の恐れもあります。

初期には目立った症状がみられないため
かなり進行してしまってから
治療を開始するケースが多く、
失明するリスクが非常に高いです。

治療によってどの程度治るかは
発見と治療の時期によります。

初期に発見・治療ができれば
それだけ治る確率も高くなるので、
日頃から猫の目を観察することを
心がけましょう。

こちらの目やに対処法の記事も参考にどうぞ。

猫の目やにの対処法!効果があった7つの予防&改善方法とは?

実際に効果があった対処法なので
是非トライしてみてください。

猫の目やにとまぶたの腫れ!考えられる原因と病気

ここまでは
目やにと眼球の腫れの症状が伴って
出た場合に考えられる原因と病気について
でした。

ここからは
目やにとまぶたの腫れの症状が伴って
出た場合に考えられる原因と病気
以下の2つについて説明していきます。

  • ものもらい
  • 眼瞼炎

1.免疫力低下にともなってできるものもらい

免疫力が下がっているときや、
子猫・高齢猫がかかりやすいのが
ものもらいです。

まぶたに黄色ブドウ球菌という細菌が
入り込むことで起こります。

健康なときは免疫によって撃退できますが
免疫力が低下していると侵入を許してしまい
炎症が起こります。

抗生物質の点眼剤による治療が行われます。

かゆみから猫は目をこすりがちですが
結膜炎・角膜炎を併発してしまう恐れが
あるのでエリザベスカラーを
装着させましょう。

2.ドライアイや外傷による眼瞼炎(がんけんえん)

眼瞼炎とはその名のとおり、
まぶたに炎症が起きる病気のこと。

ドライアイや外傷によって
まぶたが傷つくことが原因です。

放置することで慢性化し、
完治が難しくなるので
見つけたらなるべく早く病院へ連れていって
ください。

ものもらいと同様に、
猫がかいてしまうと重症化して
細菌感染などを引き起こしてしまうので

エリザベスカラーを装着して
症状の悪化を防ぎましょう。



まとめ

目やにと眼球の腫れの症状が伴って
出た場合に考えられるのは以下の病気。

  • 異物混入による結膜炎
  • 猫ヘルペス感染による角膜炎
  • 緑内障

どれも病院で適切な治療を
受けさせる必要がありますが、

特に緑内障は
放置すると視力低下や最悪の場合失明の恐れも
あるので、早期発見と早期治療が肝心です。

また目やにとまぶたの腫れの症状が伴って
出た場合に考えられるのは

  • ものもらい
  • 眼瞼炎

です。

どちらもかゆみを伴い、
猫がかくことで悪化してしまうので
エリザベスカラーを装着させた上で
適切な治療を受けさせましょう。

愛猫の目に、
目やに・眼球の腫れ・まぶたの腫れを
見つけたら、
なるべく早く病院へ連れていってください。

また日頃からの健康チェックを
欠かさず行なっていきましょう。

ABOUT ME
舟坂ちよみ
猫2匹と暮らすライターです。 日々ニャンズから幸せをもらっているので、 そのお返しができるよう勉強したくて愛玩動物飼養管理士になりました。 我が家のニャンズと触れ合うことはもちろん、 猫マンガや猫映画を楽しむことも大好きです!