未分類

ポメラニアンのハーネスでおすすめの商品!サイズ選びのコツも

ポメラニアンは、気管が弱い犬種です。

咳をしたり、ゼーゼーと息をする子も
多いでしょう。

そのような子に首輪をして散歩をすると、
首が圧迫され気管虚脱などの
病気に繋がります。

そんなワンちゃんには、首輪よりも
ハーネスが向いています。

また、足腰が弱ったシニア犬には、
歩行補助の役割も担ってくれます。

そんなハーネスにも様々な商品が販売
されていて、どれを購入したら良いのか
迷ってしまいますよね。

また、サイズの測り方や注意点なども
知っておきたいところです。

そこでこの記事では、ポメラニアンの
ハーネスのサイズの測り方や、おすすめの
商品、ハーネスのメリット・デメリット
などを紹介します。

ポメラニアンのハーネスのサイズ!どの場所を測れば良いの?

ハーネスは首輪同様、主に散歩時に
リードとワンちゃんをつなぐ
役割をする道具です。

ハーネスは、ソフトハーネス、
ベルトハーネス、ベストハーネスの
3種類に分かれています。

ソフトハーネスはよく見かける
スタンダードなハーネスです。

ベルトハーネスは、全体がひも状に
なっている細めのハーネスです。

ベストハーネスは、背中部分全体に
生地があり、ベスト状になっています。

背中部分をマジックテープや
バックルなどで固定します。

サイズの測り方は、メジャーを
使用します。

測る部分は首の一番太いところと、
胴回り(前足の付け根から背中)です。

ポメラニアンは毛量が多いので、
被毛をしっかりかき分けて
測るようにしてください。

また、ポメラニアンは大きさで言うと
小型犬に分類され、英語表記だとMS
またはSサイズになります。

ハーネスの測り方の動画を
見つけました。

こちらはベルト型ハーネスの
測り方になります。

お店の商品を参考にしていますが、
基本的な測り方は同じですので
参考になりますよ。



ポメラニアンのハーネスおすすめ商品5選紹介

ポメラニアンにおすすめの
ハーネスには、どのような商品が
あるのでしょう。

ここでは、ポメラニアンに似合う
おしゃれなハーネスを紹介します。

1.着脱簡単 ソフトハーネス

出典:https://www.amazon.co.jp/

丈夫なオックスフォード、通気性の良い
メッシュ素材でできたソフトハーネスです。

引張防止のために、背中部分のほかに
胸部分にもフックがついています。

フックは丈夫な亜鉛合金製です。

ベルトの長さは4カ所調節可能、
また足腰の弱いワンちゃんのために
背中には持ち手がついています。

更に夜間でも安心な反射材を
使用していますよ。

⇒Amazonで着脱簡単ソフトハーネスをチェックする

商品の口コミを紹介します。

物凄い引っ張り癖がある子でしたが、これを付けたら、よほど歩きにくさを感じたのか、自分から飼い主の後ろを歩きます。

うちの犬は頭から被るのを嫌がり数回後からつけてくれません。残念‼︎

グッと引っ張った場合、首輪と違って胸部に力が加わりますので、人間にとってもハンドリングしやすく、犬にとっても首をグッと締められるのが無くなったのでので良かったです。

ハーネスでも引っ張り癖対策や、
意思疎通ができるようす。

ただ、頭からかぶるタイプが嫌な子には、
合わないようです。

2.Amo.K オーシャンハーネス

出典:https://www.your-socio.co.jp/

簡単に着脱可能、背中部分の
マジックテープで、サイズを
調節可能なベストハーネス
です。

マリンテイストが可愛いボーダー柄です。

お揃いのリードも販売されていますので、
一緒につければおしゃれが際立ちます。

⇒MomotoNanaの公式サイトでAmo.Kオーシャンハーネスの詳細をチェック

この商品の口コミは見当たりませんでした。



3.ペティオ (Petio) ワンワンカジュアル デニムスタイルハーネス&リード

出典:https://www.petio.com/

前足を通して背中で止めるだけの、
簡単装着ベルトリードです。

元気なワンちゃんのために、
急な飛び出しによるスナップ外れ
防止機能を搭載しています。

また、丈夫な作りで引っ張りにも
対応しています。

リードもついていますので、
すぐにお散歩デビューができますよ。

⇒Amazonでペティオ (Petio) ワンワンカジュアル デニムスタイルハーネス&リードをチェック

⇒ペティオの公式サイトでペティオ (Petio) ワンワンカジュアル デニムスタイルハーネス&リードをチェック

商品の口コミを紹介します。

リードなどを噛む癖があるのですが、かなり頑丈なつくりですので、大丈夫そうです。

ボディを全部覆うハーネスを使っていますが、運動すると暑そうで、もっと軽装のこちらのハーネスを購入、満足です。

特に悪い口コミは見当たらず、丈夫で
噛み癖がある子でも切れないという
意見が目立ちました。

4.スカートとドットのハーネス&リード

出典:https://www.rakuten.co.jp/momozetto/

まるで可愛いお洋服のような
ベストハーネスです。

フリルスカートとドット柄がとても
キュートで、カラーはピンク、
黒から選べます。

クッションメッシュでできており、
衝撃を吸収してくれます。

また、装着もワンタッチで愛犬の
ストレスになりません。

同柄のリードもセットになっていますので、
よりお洒落を楽しむことができますよ。

⇒モモゼットの公式サイトででスカートとドットのハーネス&リードの詳細をチェック

商品の口コミを紹介します。

サイズもちょうど良くマジックテープでしっかり止まり鎖につなぐ所が両方なので安心です。

ポメラニアン2.7キロと3.5キロに始めMサイズを購入しましたが うちの子達には小さくてLサイズに交換して頂きました。

かぶるタイプのハーネスを見せると家の中へ逃げていく子が、このハーネスを気に入ってくれたようで、大人しく付けてくれます。

可愛い!丈夫!という意見が
多く見られました。

ポメラニアンの場合は、少し余裕のある
サイズを購入したほうが良いかも
しれません。

事前にお店に問い合わせてみると安心です。



5.歩行補助 ハーネス

出典:https://www.amazon.co.jp/

丈夫なオックスフォードと
クッションメッシュを使用した
歩行補助ハーネスです。

背中部分に大きな持ち手があり、
体を支えることが可能です。

背中のベルト部分には反射材が
使用されているため、夜間でも安心です。

⇒Amazonで歩行補助ハーネスの詳細をチェック

⇒TAILUPの公式サイトで歩行補助ハーネスの詳細をチェック

商品の口コミを紹介します。

取り付けが簡単に出来るのと作りもとてもしっかりしているので安心です。

背中の持ち手が意外に便利です。

口コミでは、背中の持ち手が便利だ
という意見が目立ちました。

ベルト調節ができるため、緩めな作りに
なっているそうですので、サイズは小さめの
ものを選ぶと無難です。



ポメラニアンでハーネスの方が合う場合はどんな時?首輪との違いも

「うちのワンコには首輪とハーネス
どちらが良いの?」

とお悩みの方も多いでしょう。

ここでは、ハーネスのほうが良い
場合を紹介します。

首輪が良い場合は、是非こちらの
記事を一読ください。

⇒ポメラニアンの首輪のサイズ選び!おすすめの商品5選も紹介

この記事では、首輪のサイズの測り方や
おすすめ商品、注意点などを
解説しています。

1.ゲホゲホする

ポメラニアンは気管虚脱という
病気になりやすい犬種です。

気管虚脱は何らかの原因で気管が潰れ、
呼吸がしにくくなる病気です。

原因の一つに、首輪で引っ張る際に
かかる圧が挙げられます。

愛犬が咳をする場合や、引っ張り癖がある、
ゼエゼエする場合には、リードが
おすすめです。

気管虚脱のほかに、ポメラニアンが
かかりやすい病気にはどのような
ものがあるのでしょう。

⇒ポメラニアンの病気の症状って?発症しやすい5種類とその対処法

この記事では、ポメラニアンが注意したい
病気について詳しく解説しています。

2.被毛にアレルギーがある

首輪には金属が多く使用されます。

この金属にアレルギーのある子もいます。

ハーネスは金属を使用しない商品も
多く販売されています。

金属や革などにアレルギーがある
場合には、ハーネスがおすすめです。

3.首輪だと嫌がる

ワンちゃんの中には首に違和感が
あることを嫌がる子もいます。

そんなワンちゃんは、首輪を
非常に苦手とします。

ハーネスならば首に負担をかけないので、
嫌がらずに装着させてくれる子もたくさん
いますよ。



ポメラニアンがハーネスで散歩する際の注意点は?

ハーネスの注意点は、トレーニングが
できていない子には不向きだと
いうことです。

首輪の場合は、引っ張り癖の制御や、
待てなどの支持を出す際、リードを
引っ張ることで首に伝わり意思疎通が
可能です。

しかし、ハーネスは胴体部分にリードを
装着するため、ワンちゃんとの意思疎通が
とりにくいことが難点です。

突然の興奮状態や飛び出しなどの際、
即座にワンちゃんを停止することが
できにくいという点もあります。

また、あまりにも暴れる子だと、
ハーネスが抜けてしまうこともあります。

しつけの練習中や、しつけが出来て
いない子は、首輪のほうが
おすすめです。

ポメラニアンがハーネスで散歩する際はリードも必要!

ハーネスは、首輪と同じで、単体では
使用できません。

購入する際は、「リード」も忘れずに
購入しましょう。

中にはセットで販売されている商品も
ありますが、基本はハーネス単体で
販売されています。

購入の際はセット売りか単体売りかを
よく確認し、単体ならば必ずリードも
購入するようにしてください。



ポメラニアンにハーネスをつけっぱなしでも良い?外すタイミングも

結論から言うと、飼い主さんによって
色々なようです。

つけっぱなしの子もいますし、散歩時のみ
着用する子、また、散歩時はハーネス、
それ以外は首輪という子もいるようです。

ハーネスは軽いものであればつけっぱなし
でもワンちゃんの健康に問題はありません。

しかし、被毛の多いポメラニアンは、
ブラッシングが欠かせないため、
毎日1~2回は全体をブラッシングする
必要があります。

そのため、散歩時のみ付けたほうが
効率的かもしれません。

また、特に細いひも状のハーネスだと
ハーネスの部分だけこすれて被毛が
薄くなってしまう場合もあります。



ポメラニアンのハーネスを選ぶときのポイント!デメリットは何?

ハーネスのデメリットは、
しつけがしにくいことです。

引っ張り癖のある子などは、リードを
引いても首輪と違い苦しくないため、
制御することが難しいという
欠点があります。

待てやつけなどのコマンドも、首輪では
意思疎通ができるのですが、ハーネスでは
難しく、無理に引っ張ると胸部を
圧迫してしまい良くありません。

しつけがまだできていない、
引っ張り癖があるという場合には、
ハーネスではなく首輪がおすすめです。



まとめ

散歩時には、首輪のほかに胴輪とも
呼ばれるハーネスがあります。

ハーネスの利点や特徴、
注意点は以下の通りです。

  • ハーネスにも種類がある
  • サイズは首周りと胴回りを測る
  • ポメラニアンは小型犬・
    S~MSサイズ
  • 気管が弱い・アレルギー・
    首輪を嫌がる子におすすめ
  • ハーネスはつけっぱなしでも
    健康に問題はない
  • ハーネスはしつけができない
    欠点がある
  • リードも必ず購入する

ハーネスの中には、歩行に問題がある
ワンちゃんを補助できる機能の付いた
商品も販売されています。

ワンちゃんの体質や、しつけの状態など
によって、首輪とハーネスを
使い分けると良いでしょう。