スポンサーリンク

シーズーの犬の病気一覧!発症しやすい危険な病をまとめて紹介

シーズーは、チワワやトイプードルの
ように爆発的な流行はないものの
人気犬種のひとつです。

シーズーを飼っている人は
多頭飼いの場合でもシーズーばかり
飼う人も多いくらい、クセになる
可愛さがあるようです。

そんなシーズーですが、
他の犬種と同様に
なりやすい病気があります。

シーズーの飼い主さんとしては、
おうちの子のためにも
知っておきたいところですよね。

そこで、

  • シーズーが発症しやすい病気
  • 治療費の相場
  • 肥満の危険性

について紹介します。

あらかじめ知っておくことで
予防にもつながるので、
ぜひ予習しておきましょう。

スポンサーリンク

シーズーの犬の病気一覧を紹介!犬が発症しやすい5つの危険な病は?

シーズーで比較的良くみる病気5つを
紹介します。

これ以外だと胆嚢疾患や心臓病にも
なりやすい傾向は見えるため、
5つの病気の特徴に
当てはまらないからといって
安心しすぎないようにしましょう。

犬は言葉が話せないので、早期発見は
飼い主さんの観察力にかかってます。

1.腫瘍

腫瘍はあらゆる犬種で
発生することがある病気です。

特に、中高齢を超えてきたら要注意

比較的シーズーで多いのは、
リンパ腫、肛門周囲腺種、脂肪腫など。

体表の腫瘍であれば日常で身体中を触って
チェックすることをおすすめします。

身体の中はさすがにわからないので、
定期的にエコー検査を受けましょう。

腫瘍と一口に言っても
色々な種類があるため初期症状も様々

分かりやすいのは
どこか腫れているという症状なので、
せめてそれを見逃さないように
チェックしていきましょう。

2.腎疾患

シーズーは泌尿器疾患が多い犬種です。

尿路結石から腎疾患に発展したり、
免疫介在性の糸球体腎炎になることも
あります。

前者は結石が詰まったことで
腎臓から尿が排泄できなくなり
機能が落ちて腎疾患になってしまうもの。

後者は免疫複合体が糸球体に付着して、
糸球体の機能を妨げることでの
腎疾患となります。

腎疾患によくある初期症状としては、
多飲多尿が挙げられます。

進行すると元気食欲の減退や
消失が出てきます。

水を明らかに異常なくらい
飲み始めるので、飼い主さんが
気づきやすい症状です。

放っておくと慢性腎臓病になり、
定期的な点滴が欠かせなくなる場合も
多いです。

3.クッシング症候群

クッシング症候群は、日本語名を
副腎皮質機能亢進症といいます

副腎という腎臓頭側の臓器の
皮質部分から過剰にホルモンが
分泌されることで、身体の全身状態に
悪影響を与えます。

糖質コルチコイドという
ステロイドホルモンが出すぎている状態
なので、身体は代謝に異常をきたします。

症状は筋肉の消費、腹腔内脂肪の沈着、
皮膚の菲薄化、好中球の増加など。

なんだか難しいですね!

飼い主さんにもわかりやすい症状は、
多飲多尿です。

ステロイドホルモンは口渇感を
助長させるため、
ものすごく水を飲みます。

進行すると筋肉量の低下により
ポットベリーと呼ばれる、
お腹だけ出た洋ナシ体形になります。

これは内臓の重みを薄い皮膚と
筋肉だけでささえきれなくなったことで
起きます。

4.皮膚病

シーズーやヨークシャーテリアは
他の犬種に比べて皮脂腺が多い犬種です。

そのため温暖湿潤気候が大の苦手で、
頻繁に皮膚のバランスを
崩してしまいます。

マラセチア性皮膚炎や多汗症など、
毛包に関連する皮膚病が多いのも
この皮膚の特徴に起因しています。

逆に、極度に乾燥した寒い地域は大得意。

症状としては痒がっていたり
皮膚が赤くなっていたりというのが
分かりやすい症状ですが、
皮脂の臭いがキツイなども
皮膚炎を起こす予兆になります。

普段のスキンケアを
丁寧にしてあげることで
改善することも多いので頑張りましょう。
ケアでは対処できないとき、
ケアのやりかたもよく分からないときは
病院に行って治療をし、
ケアを教えてもらいましょう。

皮膚病の予防やスキンケアについて
紹介しているので、
チェックしてみてください↓

⇒シーズーの皮膚病はフケが出る?病気の予防や肌のケアの方法

シーズーは皮膚病とは
切っても切れない関係です。

そのため、飼い主さんがケアを
知っていることで皮膚の健康状態を
少しでも維持し続けることが
大切なんです。

5.白内障

どんな犬種にも起き得る白内障は、
シーズーにももちろん起きます。

症状は水晶体の白濁で、
うっすら白いのが段々真っ白に
染まります。

原因は加齢性、外傷性、中毒性、
先天性など様々。

シーズーは目が大きいため
傷つけやすく、外傷を起因とした
白内障にもなることが多いです。

外傷が原因のときには丁寧に
眼の治療をし傷の再発防止に務めるのが
よいですが、加齢性のものだと
そうはいきません。

進行をゆっくりにすることはできても
止めることはできないのが白内障なので、
加齢性になってしまったときは
特に物にぶつかったりどこかから
落ちたりという事故を防ぎましょう。

白内障についてくわしく紹介している
ので、チェックしてみてください↓

⇒シーズーの白内障の予防!病気の症状や原因・予防する方法とは?

あらゆる犬種で多い病気ではあるので、
知っておいて損はありません。

シーズーが病気にかかった場合の治療費の相場は?

おうちのシーズーが病気に
なってしまったとき、どのくらいの
治療費がかかるのか疑問ですよね。

病気によってもかなり差があるので
細かくは言えませんが、例え話で
皮膚病になったときの初期の費用を
紹介していきます。

  • 診察料500~1000円
  • 皮膚検査(顕微鏡での簡易検査)
    500~1500円
  • 内服(1週間)1500~2500円
  • 治療用シャンプー2500~3000円/本

こんなかんじですが、
病院ごとにも差があるので参考程度です。

皮膚病は特に治療に時間が
かかるものだし、治療を進めていくと
どんどん費用がかさんでいくことも
珍しくありません。

費用が気になる人は病院で聞いてみると
概算で良ければ気軽に教えてくれると
思いますし、費用に合わせた治療法
提案してもらえるはずです。

費用に制限がある場合、
どのくらいを治療のゴールとして
考えるかを獣医師とよく相談することも
必要です。

シーズーは肥満になると危険な犬種って本当?

シーズーはぽっちゃりした子が
多いですよね。

犬種的に太りやすい体質なので、
食事管理が必要なんです。

どんな犬種でも肥満は健康のためには
避けたほうが良い状況ですし、
肥満回避のための食事管理は
飼い主さんの義務です。

肥満は心臓や肝臓、膵臓にとって
危険な要因になりますし、
関節にとっても良くありません。

人間は自分が食べすぎたのは
自分のせいですが、犬は自分で
食べすぎているわけではありませんよね。

おうちの子を長生きさせるために、
適正体重を保ちましょうね。

肥満防止用のフードを
ひとつ紹介するので、
チェックしてみてください。

⇒犬心~糖&脂コントロール~の公式ページで詳細をチェックする

肥満以外に病気がなく、
療法食は断固として食べないという
わんちゃんには試してみても
良いかもしれません。

まとめ

シーズーの発症しやすい病気について
予習できましたか?

  • 症状に特徴のある病気に
    なりやすいため、初期症状を見逃さない
  • 費用は病院や病気によってピンキリ
  • 肥満は万病のもと

シーズーは病気をしても
長生きする子が多い強い犬です。

そうは言っても
病気にさせないためには
日ごろの生活管理が必要ですし、
病気になったら早期発見が重要です。

可愛いわが子となるべく長く
一緒にいるために、病気の特徴を
覚えておいてください。

スポンサーリンク
\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^


 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ 


▲応援よろしくお願いいたします♫▲

未分類
シーズーいっしょ

コメント