スポンサーリンク

シーズーの値段の相場!価格の違いはオス・メスの性別の差?

温厚な性格や愛嬌のある見た目が
魅力的なシーズーですが、

飼いやすさなども含め
初めて迎えるわんちゃんに
シーズーを検討する方も
多いのではないでしょうか?

そして、人気犬種なだけに
値段の相場も気になるとろですよね。

また、シビアな話ですが
極端に安いシーズーには
何かしら安い理由があります…!

そこで、シーズーを迎える前に
どのようなポイントで
価格に差が生じるのかを理解しておくと、
提供された価格にも納得し
検討もしやすいと思います。

今回は、シーズーについて

  • 値段の相場
  • 値段が違ってくる要素
  • 安い値段がつく理由
  • 入手場所による値段の違い

などを徹底解説していきましょう。
是非、参考にして下さい。

スポンサーリンク

シーズー全体の値段の相場はいくら?

結論として、
シーズーの大体の値段の相場は
10~25万円ほどです。

値段の相場にも幅がありますが、
性別や容姿などで
価格に違いが出てきます。

それではここからは、
値段に差がでる理由やポイントについて
徹底的に掘り下げていくので
詳細としてご覧下さい。

シーズーの値段はオス・メスの性別で差が出る!

シーズーは、オスに比べると
メスの方が値段はやや高めになります。

理由として、性格の違いも
大きく関係しているようですね。

オスよりもメスの方が比較的大人しく
人懐っこい性格をしているため、
飼いやすいペットとしても
選ばれやすいことから
値段が高くなる傾向にあるようです。

もちろん、個体差はあるので
メスでもやんちゃで
活発なシーズーもいるでしょう。

また、将来的に子犬を産ませることが
できるのもメスなので、
そのような点でも
メスの方が値段は高く設定されます。

そして、犬のブリーダーの都合上
子犬を産むことができるメスは
貴重な存在となり、
手元に残したがることもあります。

よって、出生率や
メスの流通量が少ないことも
値段が高くなる要因にあるでしょう。

性別で値段に差が生じるのは、
需要と供給のバランスも
関係していることが分かりましたね。

シーズーの値段の違いは容姿や毛色でも決まる!その判断基準とは

一般的に人気カラーであったり、
珍しい毛色をしたわんちゃんほど
希少価値は高く
値段も高くなる傾向にあるでしょう。

また、
容姿によっても値段は違ってくるので、
そのポイントも含めてご紹介しましょう。

珍しい毛色は値段が高くなる


ここでは、シーズーの毛色による
値段の違いをまとめていきます。

シーズーの毛色は大まかに分けると

  • ゴールド&ホワイト
  • ブラック&ホワイト
  • ソリッド

などがあります。

ポピュラーなカラーは
ゴールド&ホワイトや
ブラック&ホワイトで、
街中やペットショップでも
見かけることが多いでしょう。

特に、ゴールド&ホワイトは
日本でも馴染みがあり
人気のカラーですね。

ゴールドと言っても色味の出方は様々。
レッド系やオレンジ系など
多種多様に渡ります。
同じゴールドでも
それぞれ個性があるのも魅力的ですね。

一般的なカラーであれば
値段は相場の10万~25万円前後
販売されていることがほとんどでしょう。

カラーとしては、シルバー&ホワイト、
グレー&ホワイトなどもいます。


ソリッドは単色のことを言い、
ブラック、ゴールド、
ホワイト、グレーなどがあります。

しかし、日本のペットショップでは
ほぼ流通していないため
出会えたらラッキーと言えますね!

おそらく、値段は相場を
大きく上回っていることでしょう。

今回調べた中では、過去の販売ですが、
ソリッド・ブラックのシーズーが
30万円、中には50万円ほどの値段で
設定されていた子犬もいたようです。

また、珍しい毛色には
黒い毛にゴールドや茶褐色の毛が混じる
ブリンドルも存在します。

ちなみに、ヨーロッパの方では
ソリッドカラーが人気で
見かけることも珍しくないようですよ。

容姿による値段の違い


子犬の価格は
一般的には犬種標準を基準に、
顔つき、体の大きさなどの容姿や
血統、毛色、月齢などを考慮した上で
価格設定が行われます。

そして、犬種標準の理想に近いほど
値段も高くなります。

例えば、シーズーのサイズは
成犬時に体高27cm以下、
体重8kg以下で4~7kgが理想です。

さて、それではどのような要素で
理想のスタンダードは定められるのか
参考としてお話しましょう。

  • 鼻ぺちゃ
    (鼻先~ストップまでの長さ
    2.5cmが理想)
  • 体高より体長がわずかに長い
  • しっかりとした四肢
  • マズル(口吻部)は正方形に近く
    アンダーショット
  • 目は大きく丸く暗色で
    愛らしい目

出典:https://ja.wikipedia.org/

上記のシーズーの特徴は
分かりやすい一部に過ぎませんが
このような特徴を捉えていると
シーズーとして理想になります。

アンダーショットとは、
上顎よりも下顎が長く
「受け口」や「しゃくれ」と
言われるような
特徴を持っています。

私のような素人には判断が難しいですが、
もっと踏み込むと、

頭部の大きさや首の長さ、
両目間の間隔や鼻鏡の大きさなど
細かい部分で顔立ちのバランスや
体型のバランスがとれているかなども
判断基準になっているのでしょう。

シーズーの容姿で一番値段が高い&安いのはそれぞれどんな子?

先に説明したように、
シーズーとして定められている
犬種標準に沿った体型や顔つきに近いほど
値段は高く設定されます。

容姿から判断すると
犬種標準を総合的に満たしていて、

  • 可愛いらしい顔つき
  • 美しい被毛
  • 珍しいカラー

のシーズーであるほど
値段は高くなるでしょう。

目は大きく愛らしいことが理想的で、
出目やギョロ目は
あまり理想とは言えません。

そして、安いシーズーは

  • 月齢に対して個体が大きい
  • 噛み合わせが悪い
  • 毛質が悪い

など、標準よりも
劣っている部分があると安くなります。

日本では、
小さな個体ほど人気があるため
体が大きい傾向にあると
値段も安くなると言われています。

参考までに、
あるブリーダーサイトによると
シーズーの最高価格は48万円、
最低価格は3万円となっていました。

シーズーの値段の違い!他にはどんな要素がある?

基本はシーズーの犬種標準に沿って
値段は決められていくことが
分かりましたね。

続いては、更に具体的に
値段が変わってくる要素を
解説していきましょう。

①種類


毛色については、
珍しいカラーほど
値段も上がりますが、
安定の人気カラーでは
そこまで差はつくことがなく、
大体は値段の相場の範囲で
販売されていることでしょう。

シーズーの種類についてですが、
実はシーズーにも2種類あることを
ご存知でしょうか?

シーズーはアメリカ系とヨーロッパ系の
2種類に分けられていて、
その大きな違いは
骨格だと言われています。

アメリカ系のシーズーは
小柄で見た目の可愛いさを追究して
改良が進められてきました。

一方でヨーロッパ系のシーズーは
元祖タイプで、本来のシーズーとして
頑丈で骨格がしっかりとしているのが
特徴です。

日本では、小柄な犬種ほど
好まれやすい傾向にあるため、
シーズーに関しては
アメリカ系が多いと言われています。

なので、
小柄で可愛い見た目のシーズーほど
高くなるのかもしれませんが、
アメリカ系、ヨーロッパ系共に
犬種標準には沿っているので
一概に値段を左右するものとは
言えません。

②年齢


一般的に、
子犬は一番可愛い時期とされる
2~3ヶ月齢の子犬ほど
値段も高くなりやすいです。

月齢による価値差もあり、
3ヶ月を過ぎると
買い手がつきにくくなることから
生後2、3ヶ月以降はどんどん値段が
下げられると言われています。

子犬の頃からから手を掛けて育てたいと
ペットショップへ出向く人が多いので、
月齢が低いシーズーには
高い値段を設定しても
売れやすいのでしょう。

③血統の有無


子犬の値段には、
血統の有無も影響していきます。
やはり血統証のあるシーズーは
値段も高くなるでしょう。

いわゆる、血統証とは
犬種標準を満たしているという
証明書のことです。

血統書から分かることは、

  • 純血種であること
  • 繁殖者・所有者
  • 股関節評価、肘関節評価
  • 父親・母親の血統図

など、子犬や子犬の両親の情報などが
証明書として確認することができます。

子犬の出生や両親について
確認できるのは安心ですが、

犬種標準に基づいた見た目に
こだわりを持たない方や、
ドッグショーや競技会に
参加する予定はなく
一般家庭でペットとして迎えたい場合には
あまり意味を持つものではありません。

血統書つきかどうかで、値段の差は
気にならない程度だと思いますが、
親がチャンピオン犬で経歴を持っていると
値段は跳ね上がるでしょう。

ちなみに、
血統証=健康とは結び付きませんので、
子犬をよく観察することも大切です。

④毛の状態


毛の状態の良し悪しによっても
値段は左右されます。

毛の状態が良いシーズーほど
値段も高くなり、
逆に、パサパサしていて
毛葺きがあまり良くないシーズーは
安くなる傾向にあります。

シーズーの子犬と言えば、
全身フサフサの毛で覆われていて
ふんわりとした、
まるでぬいぐるみのような印象を
受けますよね。

以下の動画でも分かる通り
子犬シーズーはとってもモコモコ♪
仕草も可愛いですよね!

健康なシーズーの子犬であれば
毛量は多く毛葺きも良いので
ふわふわとした柔らかい毛質を
していると思います。

皮膚は薄いピンク色をしていて
被毛の根元は
ふんわりと立ち上がっていると、
皮膚・被毛の健康状態は
良好と言えるでしょう。

わんちゃんの健康状態は
毛質にも反映されるので、
毛の状態も値段設定に関わってきます。

⑤健康状態


子犬の
健康状態が良好であれば
相場の範囲で値段が付けられますが、

極端に値段が安い場合は
子犬が何かしら病気を患っていたり
異常を抱えている場合もあるでしょう。

健康状態を見分けるポイントとして、

  • 毛並みや皮膚の状態は良いか
  • 鼻が乾いていないか
  • 目やには出ていないか
  • 肛門周りが汚れていないか
  • 耳垢は溜まっていない
  • 口臭はしないか


などをチェックしましょう。

基本的に、子犬の目は輝き
生き生きとしていて、
シーズーの場合抱っこをした時に
ある程度ずっしり感じるくらいが
健康的と言えますね。

抱っこをさせてもらう時には
同時に身体をチェックしてみましょう。

良識のあるペットショップであれば
疾患についてもきちんと開示して、
現状の健康状態を考慮したうえで
安い値段設定をするでしょう。

安いからと安易に購入に走ってしまうと
後々トラブルにもなりかねないので、
シーズーの子犬を迎える前には
健康状態などを
きちんと確認しておくことが大切です。

シーズーに安い値段がつく場合に考えらえる理由とは

それでは、
シーズーが安くなる理由について
考えられるポイントを
いくつかご紹介しましょう。

1.カラーの配置が好ましくない


色味の出方によって
カラーバリエーションが
豊富なシーズーは、
実はカラーに規定はなく、
基本的にすべてのカラーが
許容されるそうです。

つまり、シーズーにとって
ミスカラーというものは存在しません。

しかし、カラーの配置や
バランスが好ましくないと
値段も安くなると考えられます。

日本のシーズーは
ゴールド&ホワイトや
ブラック&ブラックなど
2色のパーティーカラーが一般的です。

パーティーカラーのシーズーの場合、
頭頂部から両目の間を通って
鼻すじまでブレーズと呼ばれる
白いラインが入っていること、
そして、尾先は白いことが好ましいです。

健康上の問題はありませんが、
鼻や口の周りに
黒や茶系の毛が入っていると
安くなることもあります。

2.色素が薄い


シーズーに限らずですが、
鼻や目のアイラインが薄いと
値段が下がりやすいと考えられます。

アイラインがピンク、
鼻の色が薄い、目が茶色など、

色素が薄いシーズーは
生まれつき免疫力が低く
病気にかかりやすかったり、
紫外線からのダメージを直で受けやすく
皮膚トラブルを抱えやすいなど
健康面にもリスクが生じるでしょう。

3.臍ヘルニア


臍ヘルニアとはいわゆる出べそのことで、
主にシーズーなどの短鼻種の犬種に
多くみられるそうです。


出典:http://shintitoseanimal.blog25.fc2.com/

成長と共に穴が塞がれることもあり、
生後半年未満までは経過観察を行いますが
特別問題視するものでもありません。

ただし、臍ヘルニアの
穴の大きさや状態によっては
腸管が飛び出し
腸管が締め付けられることで
腸閉塞のリスクを伴う場合もあります。

よって、臍ヘルニアのシーズーは
見映えの観点や、場合によっては
将来外科手術が必要になるなどの理由から
安くなると考えられます。

シーズーの子犬を抱っこする際は
是非お腹を触って確認してみましょう。
そして、販売者側は臍ヘルニアについて
きちんと説明することが常識でしょう。

4.月齢に対して大きい


子犬は生後2~3ヶ月が
一番売れやすい時期ということで
高い値段がつけられますが、

その月齢の割に体が大きいシーズーは
値段が安く設定されることもあります。

小柄な個体ほど人気があるため、
月齢に対して大きいシーズーは
将来大きくなると予想されることから
安くなると考えられます。

子犬の頃のサイズ感も
値段を左右するのでしょう。

シーズーの入手場所の違いによる値段相場と内容の違い

最初にシーズーの値段相場を
ご紹介しましたが、
入手場所によっても
値段相場は違ってくるので
それぞれ解説していきましょう。

【入手場所と値段相場】

入手場所値段相場
ペットショップ20~27万円程度
ブリーダー10~20万円程度
里親制度生体は無償だが医療費等は
実費となることもある

表で見てみると
ブリーダーから購入する方が
適正価格の範囲で
安く購入することができそうですね。

ただし、
安い・高いには理由があるので
購入場所の内容や違いを把握した上で
検討するようにしましょう。

極端に安いというのも考えものなので、
ペットショップやブリーダーの質、
子犬の状態などを
見極めることも大切です。

ペットショップ


ペットショップでシーズーを購入すると
ブリーダーよりも割高になります。

割高になる大きな理由として、
仲介業者を介するなど
流通にかかるコストが上乗せされるために
ペットショップの方が
高くなる傾向にあります。

とは言え、ペットショップでも
相場よりも安く販売されていることが
あるので、子犬の健康状態や
安い理由などを把握できるように
きちんと説明してもらいましょう。

また、生体価格が高いからと
シーズーの健康や将来のサイズなどが
保証される訳ではありません。

いずれにせよ、値段を重視するよりも
良質なペットショップから
購入することをおすすめします。

店員さんの対応に誠意を感じるか、
店内は清潔に保たれているかなども
確認ポイントです。

ペットショップで
購入するメリットとして、
生体保証やペット保険の説明などを
してもらえるので
購入後の対応や将来への備えも
万全な形でサポートを受けられる点です。

また、飼育に必要なグッズやフードも
すぐに取り揃えることができますね。

ブリーダー


迎えたい犬種を
シーズーと絞っている場合は、
ブリーダーから購入するメリットは
大きいと思います。

まず、直接ブリーダーから購入すれば
流通にかかるコストは抑えられるので
適正価格の範囲内で
購入することができるでしょう。

時には、
シーズーの犬種標準として優れている、
親犬がチャンピオン犬などの理由で
値段が高くなる場合もあります。

ブリーダーは、
特定の犬種に関する知識を持ち
その血統に配慮して
誇りを持って健全な繁殖を行っています。

シーズー専門のブリーダーは
シーズーの専門的な知識を豊富に持ち、
飼育に関する説明やサポート、
アフターケアも
充実していることでしょう。

そして、飼育スペースを見学できたり
親犬と対面することも可能であれば、
子犬の将来の姿をイメージしやすいのも
メリットと言えます。

子犬の育った環境を
直接見ることができるのは
ブリーダーで購入する時の
特権ではないでしょうか。

ブリーダーに関しても
優良ブリーダーかを
見極めることが大切で、

  • 飼育スペースは充分な広さか
  • 綺麗に清掃されているか
  • 親犬も清潔にケアされているか
  • 子犬たちは人懐っこく
    生き生きとしているか

などをよくチェックしましょう。

ペットショップほど
気軽に立ち寄れる場所ではありませんが、
たくさんのシーズーの中から
好みの子に出会えるかもしれませんね。

里親


シーズーを迎える選択肢として
里親制度を利用する手もあります。

生体の購入に原則費用がかからない、
殺処分される命がある中
命を救うことができるなど
大きなメリットがあります。

場合によっては
わんちゃんにかかった医療費や
保護団体によって譲渡手数料などを
請求されることもあるでしょう。

里親募集は保健所や保護施設、譲渡会、
個人で募集をしているケースもあり、
シーズーの募集も多いようですが、
やはり成犬が割合を占めていますね。

可愛い子犬の時期を見られないのは
デメリットかもしれませんが、
成犬の場合
性格が完成していて落ち着きがあり、
子犬ほどお世話や医療費など
手間や費用がかかりません。

とは言え、一度大好きな飼い主さんに
手放された過去があるため、
わんちゃんの心のケアが必要です。
すぐに心を開いてくれるとは限りません。

じっくりと時間をかけて
信頼関係を築いていける心のゆとりと、
必ず終生を見届けることのできる
覚悟、環境、経済力が必要でしょう。

まとめ

いかがでしたか?

値段が違う理由は様々ですが、
その子にはその子の個性があり
みんな同じ命です。

飼いやすいシーズーとは言え、
絡みやすい毛質は
日々のブラッシングが必要になりますし、
結局、命あるもの覚悟なしに
安易な気持ちで迎えることはできません。

ここまでは散々
シーズーの値段について
お話してきましたが、

シーズーを飼育する上で
どれだけの費用や
手間がかかるのかなどを含めて、
目先のことだけではなく
シーズーのための将来を見据えて
迎えてあげることが大切ですよ^^

どんな形で出会っても
あなたにとって可愛いと思えるシーズーを
温かく迎えてあげましょう。

私の実家では
初代シーズーはペットショップ、
今も元気なおじいちゃんシーズーは
譲ってもらった子です。

初代シーズーは破天荒、
健在のシーズーは大人しいという…
性格は全く違いましたが、

シーズーという犬種は
やっぱり愛情深く、
側に寄り添ってくれる
素晴らしいパートナーになるでしょう。

スポンサーリンク
\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^


 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ 


▲応援よろしくお願いいたします♫▲

未分類
シーズーいっしょ

コメント