スポンサーリンク

シーズーの皮膚病はフケが出る?病気の予防や肌のケアの方法

シーズーを飼っていると、
季節の変わり目に皮膚が荒れたり、
眼のまわりに涙やけができたりという
皮膚トラブルに遭遇する飼い主さん
多いはず。

良いスキンケアはあるんでしょうか。

そこで、

  • シーズーの皮膚病の症状
  • 皮膚病になる原因
  • 皮膚病の予防法

について紹介していきます。

皮膚が荒れると、
フケも多くなりがちです。

フケどころか、皮膚炎が
ひどくなってしまうこともあります。

お察しの通り皮膚病になりやすい
犬なんですが、なるべく良い状態を
保ちたいですよね。

どんな症状かを知っておくだけでも
早い対処につながるので、
覚えておいてください。

スポンサーリンク

シーズーの皮膚病はフケが出るって本当?

シーズーがなりやすい皮膚病は、
皮脂の過剰分泌によるものが多いです。

皮脂が出すぎてしまい、
酸化して痒くなり掻いてしまって
皮膚が荒れる→
荒れると皮膚を守ろうとして
皮脂が更に出る→
ターンオーバーも乱れフケが多くなる
という悪循環により
皮膚が荒れていきます。

皮膚が乾燥してもフケは出るのですが、
皮膚病により肌の代謝が乱れても
角質層が厚くなり
フケが多くなったりします。

シーズーは大体後者
トイプードルなど皮膚が薄い犬種は
前者が多いです。

シーズーの皮膚病の4つの症状はなに?

シーズーの皮膚病のときに、
目にしやすい4つの症状を紹介します。

このほかにも潰瘍や表皮小環などと
いったものが見えるかもですが、
わかりやすいのは以下の4つです。

1.フケ

季節が変わったときに、やたらと
フケが多くなったと感じませんか?

季節の変わり目は犬も皮膚の状態が
乱れがちなので、
皮膚病になりやすくなります。

肌のターンオーバーが遅くなると
厚い角質が剥がれたフケになるし、
早すぎても薄皮っぽいフケが多く出ます。

死んだ細胞なのでひっつけといても
しょうがありません。

シャンプーをして、余分なフケは
洗い流してしまいましょう

2.肌が赤くなる

炎症が起きると、肌が赤くなります。

感染が起きたのかもしれないし、
何かの刺激でアレルギーを
起こしたのかもしれません。

赤い皮膚炎は痒みが出やすいので、
掻き毟らないように
対処してあげましょう。

てっとり早いのはよく
エリザベスカラーと呼ばれるネッカー。

物理的に掻けなくしてしまうことで、
新たな傷を作ることを防ぎます

もちろん、根本的な炎症も
早めに薬で抑えましょう。

そのため、皮膚が赤いときには
自宅で頑張るよりは病院で薬を
処方してもらったほうが良いです。

3.黒くてごわごわする

皮膚病が継続すると、
皮膚がなんだか黒っぽくなり
感触がごわっとすることがあります。

皮膚炎を繰り返すとその部分が
色素沈着を起こしてしまい、
更に弱った皮膚にマラセチアという
カビが感染することで
よけいに真っ黒になります。

皮膚は正常なターンオーバーも
乱れているため、正しく剥がれずに
どんどん重なっていきます。

そのため柔らかな感触ではなく、
古い角質が固まったごわっとした感触に
なるんです。

角質溶解作用のあるシャンプーを
使用して角質のターンオーバーを促し、
更に抗真菌薬の内服やシャンプーで
カビを少なくしていくことが必要です。

アトピーの子などは掻き毟ることで
どうしても皮膚が弱ってしまい、
マラセチアにも感染しやすくなります。

根気よくケアをして、
できるだけ良い状態に近寄せるという
治療をしていきます。

4.臭いやベタつき

弱った皮膚は皮脂の分泌も多くなります

皮脂は皮膚のバリア機能を
担っているので、皮膚が弱ると
身体は守ろうとして
皮脂を出しすぎてしまうんです。

その結果起きるのが脂漏症と呼ばれる、
脂でベタベタの状態

酸化した皮脂は雑菌が
繁殖しやすくなり臭気を発します。

この皮脂の分泌を薬で抑えるのは
ステロイドが有効ですが、
長期ならばスキンケアで維持できると
ベストです。

シーズーが皮膚病になる2つの原因とは?

そもそも、シーズーの皮膚病の原因って
なんなんでしょう。

よくある原因を紹介していきます。

原因に関しても、基礎疾患が
隠れていたりすることもあるので
一口に体質だけの問題とは
言い切れません

体質的な原因に限局すると、
この2つかなという感じ。

1.気候の影響

季節の変わり目は、ヒトも
皮膚の状態が乱れがちですよね。

皮膚って気温や櫃度、
ホルモンバランスなど
あらゆる影響を受けるんです。

シーズーの場合には、
日本だと夏が弱り目の季節

皮脂の分泌量が多い犬種なので、
高温多湿の温暖湿潤気候が苦手なんです。

温かくなってきたら
かゆくなったというのは、
かなりよく聞く話です。

季節だけの問題なら、
痒いときにだけ薬を使い
おちついたら普段のスキンケアに
もどしてもOK。

特にアレルギーの場合には、
季節により移り変わる植物が
原因のこともあるので
痒いときだけ薬を使うのは良い手段です。

2.油分の分泌量が多い

シーズーやヨークシャテリアは、
他の犬種に比べると皮脂が多い犬種です。

原産地が乾燥地帯ということもあり、
皮脂の分泌腺自体の数が多いんです。

この特徴から、定期的にシャンプーや
スキンケアを行わないとすぐに
べたべたして皮膚炎を起こしたりします

べたつかないシーズーは珍しいくらい
なので、この犬種を飼うときには
トリミングやスキンケアを行う覚悟を
持って飼いましょう。

シーズーを皮膚病にしないために!できる予防はある?

可愛いわが子をなるべく
皮膚病にしない方法はないものかと、
やっぱり思いますよね。

皮膚病の予防法は、スキンケア。

皮膚の状態を健康に保つことが
最重要です。

バランスの良いごはん、
定期的なシャンプーとトリミングや
ブラッシングなど普段の生活から
皮膚は作られます。

アレルギーやその他基礎疾患により
どうしても皮膚に症状が出てしまう子も
いますが、皮膚だけの問題であれば
スキンケアはとても有効な
予防法なんです。

シャンプーの頻度も、
多すぎても少なすぎてもいけません

平均は1ヵ月に1回、
べたつきが気になるなら
倍にするなど調節をします。

まとめ

シーズーの皮膚の特徴について、
お役に立てましたか?

  • シーズーは元々皮脂が多い犬種
  • 皮膚病の症状や原因は多岐にわたる
  • 第1の予防法はスキンケア

ひとつの手段だけで皮膚病に
対処するのではなく、色々な手段を
皮膚の状態に合わせて組み合わせて
使っていくのが皮膚病の治療です。

しかも、時間がかかる!

費用もかかる!

結構覚悟が必要です。

ゴールは子犬のときの皮膚の状態を
目指すよりは、おうちのシーズーが
快適に暮らせる皮膚のレベルを
目指すことをおすすめします。

真面目な飼い主さんほど
「完璧に治そう!」と頑張って
くれますが、悩みすぎちゃう方もいます。

気楽に構えて、気長に治療を
してあげてくださいね。

シーズーの白内障についても
紹介しているので、
チェックしてみてください↓

⇒シーズーの白内障の予防!病気の症状や原因・予防する方法とは?

年をとると多くなってくる病気のひとつ、
白内障。

実は原因も色々あるので、
ちょこっと知ってみましょう。

スポンサーリンク
\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^


 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ 


▲応援よろしくお願いいたします♫▲

未分類
シーズーいっしょ

コメント