未分類

トイプードルの骨折の治療!治療方法や必要な費用の相場はいくら?

生き物を飼っていると、
怪我や病気はつきものですよね。

その中でも怪我は、
油断しているときに起きるので
飼い主さんがとてもびっくりして
しまいます。

トイプードルの場合は、
骨折してしまう子がとても多いです。

骨折は外科手術をしないといけない
場合も多いし、手術をしても
後遺症が残ることもある重症です。

もしおうちのトイプードルが骨折して
しまった場合には、早めに見つけて
対処してあげたいですよね。

早めに治療することで回復が早かったり、
後遺症が残り難いこともあります。

そこで、トイプードルの骨折の原因や
治療について紹介していきます。

トイプードルの骨折の症状!目で見てわかる主な状態は?

トイプードルが骨折したときの症状とは、
どのようなものなのでしょうか。

100%の犬に当てはまるというわけでは
ありませんが、大多数に当てはまるのが
以下の2点です。

ただし確定診断はレントゲンで行うため、
以下の症状があってもレントゲンを
撮影するまでは100%骨折とは
言い切れません。

1.局所の痛み

局所の痛みを感じます。

骨が折れているということは
それだけでも激痛だし、
折れた衝撃で周りの組織も
ダメージを受けます。

触ると普段温厚な子でも激怒するくらい
痛いのですが、たまに
我慢する子もいます。

場所を特定するときには、
異常な仕草をしている肢を念入りに
触っていって、なるべく細かい場所を
推測していきます。

ほとんどの場合、骨折部位を
動かさないように行動するため
不自然な動きになります。

橈尺骨骨折の子の動きを
動画でご紹介します。

こんな感じで、患肢を絶対に
つこうとしません。



2.局所の腫れ

骨折が起きると、折れた骨の
周りの組織も大きなダメージを受けます。

この強い炎症により、骨折した箇所が
数時間のうちにどんどん腫れてきます。

被毛があるので分かり辛いですが
内出血も起こすため、骨折して
数時間後には患部が紫に変色し
パンパンに腫るという現象がおきます。

折れた直後よりも痛みが強いため、
トイプードルはかなり元気が
なくなっているはずです。

痛みと言うのは激痛になってからだと
鎮痛剤が効くのに時間がかかります。

トイプードルのストレスを考えると
早めに治療を開始することを
おすすめします。

トイプードルの骨折の手術!治療をはじめて完治するまでの主な流れ

トイプードルが骨折してしまったとき、
手術から完治までどのような経過を
たどりやすいのか
知っておきたいですよね。

手術を決めた際は当然担当医から
同じことをもっと詳しく説明されるので、
一般的な流れとして
覚えておいてください。

1.術後はギブスで固定

術後は、がっちりと固定したいときには
ギプスを使います。

ギプス固定は患部を絶対に
動かせなくなるため、骨折後の患部を
動かさないようにするのには最適です。

しかし、全周ギプス固定をすると
簡単には外せないため、ギプスをわざと
半分に割ってバンテージで
固定したりもします。

こちらのほうが手術後の傷が
膿んでいないか簡単に確認しやすいため、
行われることが多いです。

人間のように自分で傷が熱っぽいなどと
訴えられれば良いのですが、
残念ながらトイプードルは
しゃべりません。

患部を動かさないようにしながら、
術創の清潔を保つのも重要なのです。



2.リハビリは必須

術創が治っても、すぐに患部が
元通りになるわけではありません。

部位によってはリハビリが必要です。

特に四肢は長期固定されていると
筋肉が落ちてしまっているため、
骨がくっついているなら積極的に
動かしていくことが必要なのです。

長めに散歩に行ったり、プールで
泳いだりということは
特に必要ありません。

必要なのは、マッサージ。

固定されていた患部は関節や筋肉が
凝り固まってしまっていることが
多いので、自転車こぎ運動や
もみほぐしなどで和らげてあげましょう。

長めの散歩などはできたばかりの骨に
負担をかけてしまうことがあるので、
あまりおすすめしません。

トイプードルの骨折の治療にかかる費用とは?手術の場合はいくら?

トイプードルが骨折してしまったとき、
部位によっては手術が必要になります。

動物医療の手術って高額になると
聞いていると怖いですよね・・・。

骨折の場合、使う道具・術者・部位・
程度によってかなり差があります。

安くても手術から退院まで
15~20万円代が多いので、
覚悟はしておいたほうが良いです。

費用制限がある場合には、
担当医にいくらくらいになるか
聞いてみましょう。

ピッタリの値段を算出するのは
不可能なのですが、
大体の値段であれば教えてくれます。

高額な治療の場合にはペット保険も
便利なので、万が一を考えると
加入しておくことをおすすめします。

ペット保険の比較サイトを紹介するので、
チェックしてみてください↓

⇒ペット保険比較サイトで詳細を確認する

保険に加入しておくと治療の選択肢が
増えるので、トイプードルのために
なりますよ♪



トイプードルが骨折する3つの原因はなに?

そもそもトイプードルって、
何が原因で骨折するのでしょうか。

主な原因を3つご紹介します。

1.栄養不足

栄養不足だと、当然骨の材料も
不足します。

骨はカルシウムとリンなどを
主成分としていて、ミネラルや
タンパク質が不足すると
骨の形成が不十分になります。

子犬のときに栄養制限をしてしまうと
将来骨が弱い子になってしまうかも
しれません。

子犬のときにはきちんと最適な量の
子犬用のごはんをあげましょう。

また、紫外線不足だとビタミンDの
合成が不足してしまいます。

ビタミンDは、効率的な食物中の
カルシウム吸収に必要です。

そのためお散歩じゃなくても、
お部屋の中で日光浴ができるように
してあげてください。

2.衝撃

骨折の原因として1番多いのは、
骨に対する強い衝撃です。

落下、打撲、着地失敗など、
あらゆる衝撃で骨折は起き得ます。

「そんなことで?」と
思ってしまうような衝撃でも
トイプードルの骨は骨折したりします。

そのため危険な可能性のあるものは
注意してください。

元気な子だと脱走した末の交通事故と
いうこともあるため、お散歩の際にも
油断しないようにしましょう。



3.病気

病気でミネラルの代謝異常が起きたり、
身体が消耗して栄養不足になると
骨からカルシウムが出ていってしまい
骨折しやすくなることがあります。

病気になったからといって必ず
骨折するわけではありませんが、
病気の種類によっては骨折の危険が
あることを覚えておきましょう。

栄養不足の状態での妊娠で
骨粗しょう症になっても骨折の危険は
ありますが、それ以上に
発生しやすいのは骨の腫瘍です。

骨の腫瘍の場合、骨融解といって
骨の密度が低くなったりするため
骨折することがあるんです。

骨の腫瘍以外にも、移行上皮癌や
前立腺癌など骨転移を起こすような
腫瘍は骨融解を起こす可能性があります。

このような腫瘍に罹患した場合には、
定期的なレントゲン検査で
骨に異常がないかどうかを
チェックしていく必要があります。

トイプードルのよくある病気についても
紹介しているので、
チェックしてみてください↓

⇒トイプードルの病気の症状!知っておきたい危険な病名や予防法は?

よくある病気だけでも知っておくと、
怪しい症状もいち早く
発見できるかもしれません。

トイプードルの骨折を予防するための方法は?

痛みもひどいし、完治まで
時間がかかる疾患である骨折。

なんとかしておうちのトイプードルに
起きないように、予防したいですよね。

方法はあるのでしょうか。

骨折の予防法は、
第一に落下事故を防ぐことです。

トイプードルの骨折の原因として
1番多いのが、飼い主さんの腕など
高所からの落下なんです。

犬は3次元運動が苦手ということを
よく知っておいて、
高いところにいるトイプードルから
目を離さないようにしましょう。

骨自体を丈夫にするには、
適切な栄養と運動が必要です。

年齢に合った栄養と運動を与えることで、
丈夫な骨を作っていくんです。



トイプードルの骨折しやすい部分とは?前足を折った場合の過ごし方

トイプードルは骨折しやすいと
言われていますが、実はそのとおりです。

細くて長い肢を持っているため、
その分骨も細いんです。

同じことはイタリアングレーハウンド
などにも言えます。

特に折れやすいのは前足の骨で、
橈骨と尺骨といいます。

ここの骨が折れやすいのは
後ろ足に比べて骨や筋肉が細いことと、
小型犬は重心が前のめりなことが
多いことに起因しています。

ジャンプなどしたときに、前足に
思いっきり体重をかけてしまうんです。

前のめりの重心なので、前足が
骨折すると後ろ足が骨折するよりも
生活が大変です。

痛い足に体重をかけたくないので
歩き方が不自由になってしまい、
グラグラしやすいんです。

ギプスや痛み止めを使うことで患肢に
負重できることも多いですが、
完全に上げてしまっている状態だと
重心が安定し辛い傾向があります。

トイプードルが骨折した場合の応急処置は?

トイプードルが骨折したとき、
病院に連れていくまでにおうちで何か
できることはないか、飼い主さんは
気になりますよね。

当日にどうしても病院へ行けない状況も
あるかと思います。

応急処置としては、患部を冷却します。

凍傷にならないように加減しながら
ですが、骨折という急性の炎症を
なるべく抑えるために冷たくするんです。

関節炎など慢性の炎症の場合には
温めて対処しますが、急性炎症には
冷却処置を行います。

また、無理に動かさないようにします。

無理に動かすと折角まっすぐ
折れていた骨がずれてしまうかも
しれないし、炎症がひどくなります。

骨折の手術は炎症により筋肉が
硬くなったり骨がいびつにくっついたり
してしまうと手術がやり辛いです。

ベストな骨折の手術を受けるためには
応急処置もしっかりしましょう。



トイプードルは骨折しやすい犬種って本当?

トイプードルは身体のバランス的に、
骨折しやすい犬種と言えます。

もちろんその子によって
かなりしっかりとした筋肉が
ついていたり骨が太かったりするので
個体差はあります。

トイプードルは四肢が長く、
他の犬種と比べると筋肉も薄いですよね。

特に、テリア系と比べると
細さが際立ちます。

骨の折れ辛さは骨自体の皮質の厚さと
密度も関係しますが、周りの筋肉による
補強も関係しています。

トイプードルはスタンダードプードルを
小さく小さく品種改良した犬種なので、
骨も筋肉もその分薄くなってしまいます。

また、たとえ骨密度に異常がなくても
長い骨自体が折れやすい特徴を
持っています。

ガラスの短い棒って折れ辛いですが、
同じ太さでも長い棒って
折れやすいですよね。

これと同じことが骨にも言えます。

トイプードルは薄い筋肉に長い骨という
特徴を両方もっているため、
骨折しやすいんです。

ただし、トイプードルに限らず
ポメラニアンなど大きな犬を小さく
改良した犬種も同じ注意が必要です。



トイプードルの骨折体験ブログはこれ!参考にしたい記事紹介

トイプードルの骨折が起きてしまった
場合、他の方はどうだったのか
知りたいですよね。

そこで、トイプードルの骨折を
経験した方の体験談ブログを紹介します。

もちろん他にも沢山あるので、
ご自分でも色々見てみてくださいね♪

かかった費用や原因、
手術内容についての記事です。

ただし病院や骨折の状態によっても
費用や手術方法が変わってくるため、
あくまで参考程度に考えてください。

また、飼い主さんたちのブログを
読んだあとに動物病院の骨折についての
ブログを読むと、
更に理解が深まりますよ。

⇒トイプードル リサの骨折治療① | レオ ラビ日記

トイプードルが高い位置から
飛び降りてしまったというのが
やはり原因としては多め。

このように、他の方の体験談を
見ることでどんなことに気を付ければ
良いのかも探っていきましょう。

まとめ

骨折してしまったトイプードルに、
何をしてあげられるか
参考になったでしょうか。

  • トイプードルは橈尺骨の
    骨折が多い
  • 骨折は基本的に手術の適応疾患
  • 手術後は安静にし、
    骨がつながったら
    リハビリをがんばる

基本的な流れは人間の骨折と同じです。

でも、人間と違って絶対安静が
難しいのが犬です。

飼い主さんがトイプードルを制御し、
早く骨がくっつくように
サポートしてあげてくださいね♪

トイプードルの脱臼のことについても
紹介しているので、
チェックしてみてください↓

⇒トイプードルの脱臼の症状は?知っておきたい病気のサインを解説

関節の形成不全など先天的なものも
関わってくることが多い為、
知っておくといざなってしまったときに
焦り辛いかもしれません。