未分類

トイプードルのトイレの回数!行く頻度で健康状態が分かる?

生き物にとって、排せつの状態は
健康状態を知る上での
バロメーターだと言えます。

また、排せつ物の状態だけでなく
回数や排せつする時の動作なども
病気を早期発見する材料に
なってくれます。

愛犬のトイレの回数について
軽視していると、重病に気づかず
手遅れになる可能性もあります。

トイプードルのトイレの回数も
健康な時の回数を知っておくことで
異常があったときにすぐわかるので
知っておくことはとても大切です。

そこで今回は、トイプードルの
トイレの回数について、どのようにして
健康状態がわかるのか
詳しく解説していきましょう。

トイプードルのトイレの回数で健康状態が分かるって本当?

トイプードルのトイレの回数は、
月齢によっても変わります。

子犬の頃は、膀胱の機能がまだ
未発達でもありますので、トイレの
数もどうしても多くなります。

逆に老犬になると、これまたトイレの
回数が増えます。

理由は同じく老化により膀胱の機能が
衰えてくるからです。

トイレの回数は、もちろん健康状態を
見る指針となりますが、トイレの際に
どれだけ尿や便をしているのか、
どんな排泄物かをチェックします。

トイプードルのトイレで分かる異常の3つのサインとは?

食べたり飲んだりすれば、当然消化をして
栄養吸収し、不要なものは排泄物として
出るのが当たり前です。

しかし、体調不良や病気になった場合は
この当たり前の機能が衰えたり
機能しなくなったりします。

排泄物が外に出ないということは、
即、体内に毒素がたまることになり、
実は命の危険性が高い状態なんです。

そこで、トイプードルのトイレで
わかる3つの項目について
詳しく解説したいと思います。



1.トイレの回数が極端に変わる

まずは、トイレの回数が極端に
変わるのは異常です。

例えば、1日だいたい10回程度の
トイレの回数だったトイプードルが
1日20回以上、つまりいつもより
倍トイレに行くとなればおかしいです。

なお、私たち人間も寒くなれば何度も
トイレに行きたくなるのと同様に
犬も季節の差でトイレの回数は
若干変わります。

トイレを異常な回数行うというのは
日ごろどれくらいトイレをするのか
知っていないと見極められないので
日ごろの観察をしっかり行いましょう。

2.トイレの際の痛そうな鳴き声

トイレの際に、キャンと痛そうな鳴き声を
発した場合は結石ができている
可能性があります。

もしくは、膀胱付近に腫瘍ができている
ということも考えられます。

いずれにせよ、このまま放置していては
悪化することはあってもよくなることは
ありません。

速やかに医師の診断を仰ぎましょう。

また、その際には排泄した後の
トイレシートを病院に持参する
良いでしょう。

3.排泄物の色・形・臭い

排泄物の状態を毎日見ていると、
健康状態がわかってくるようになります。

排泄物チェックは、毎日行い
項目としては以下の通りです。

チェック項目 チェック要素
うんちの色 黄土色をしているか?血は混じっていないか
うんちの形 バナナ状の太さが均一なものか・つかめる硬さかどうか
うんちの臭い 酸っぱいにおいがしていないか?
チェック項目 チェック要素
おしっこの色 レモン色かどうか?色の濃さ、血はまじっていないか
おしっこの臭い 異臭がしないか
異物 シートにキラキラした結晶が無いか

排泄物のチェックは、毎日すぐに
できますので、是非行ってくださいね。



トイプードルの最適なトイレの回数を2つのパターンで解説!

では、トイプードルの最適なトイレの
回数とは何回くらいなのでしょうか?

お散歩時と、家にいるときとでは
違ってきますので、
それぞれについて解説します。

1.お散歩

オス犬の場合は特に、トイレとは別に
マーキングをすることがあります。

お散歩時には特に、せっせと
マーキングに励む子が多く
しつこい犬もいます。

ですが、よくみると尿は出ていない
ということも多いようです。

外でしかトイレしないという
ワンちゃんもいます。

トイレ以外で明らかに
マーキングをしているという
ことなら、回数が多くても
心配はいりません。

2.室内

室内でもマーキングしてしまう子は
いますが、トイレの回数は
多くても5~6回が平均です。

室内にいるのに、20回も30回も
トイレに行くのは明らかに異常です。

例えば、トイレに行っても出ない、
渋り便であるという場合は
内臓に異常があることが
考えられます。

早めに医師の診断を受けましょう。



トイプードルは年齢でトイレの回数が変わる?3つのパターンで紹介

先ほども少し申し上げましたが
トイプードルのトイレの回数は
年齢や成長段階で
変化することがあります。

ここでは、それぞれのステージに
ついて、解説したいと思います。

1.子犬

子犬の頃は、膀胱や排尿の
機能が完全ではありませんので
粗相したりすることがあります。

例えば遊びに夢中になっていて
急にその場でシーなんてことも
よくあることですよね。

膀胱の大きさも小さいので、そんなに長く
我慢することもできませんので、トイレの
場所がわかっていても間に合わない場合が
あるようです。

子犬の頃は、1日10回以上排泄していても
他に異常がなければ様子見しても
大丈夫でしょう。



2.成犬

1歳を過ぎると、トイプードルも成犬に
なって大人の身体になります。

ここから、シニアと呼ばれる7歳までを
成犬の時期だと考えますと
だいたい1~2歳の頃が健康の判断
基準と言えるでしょう。

このころは、お散歩と合わせて、だいたい
7~9回前後トイレに行くのが一般的です。

しかし、大切なのは回数だけでなく
排泄の量も観察しておいた方が
良いでしょう。

3.老犬

老犬になると、すべての機能が衰えて
来ますが、排せつ機能も同様です。

また、犬も痴呆症になることが
あるというのがわかってきましたので
トイレの場所を忘れてしまう
ことがあります。

老犬については、さらにしつけを
しなおすのは困難です。

ですので、おむつをあてたり
定期的に排泄を促す工夫などをして
ケアをする方が望ましいです。

⇒トイプードルの老犬の介護!飼い主が覚えておきたい介護方法とは?

老犬のケアに関しては、
上記の記事を是非参考にしてください。



トイプードルの飼い方でトイレが最も悩みどころ!どうすればいいの?

トイプードルに限らず、犬を飼うにあたって
もっとも飼い主様の頭を悩ませるのが
トイレのしつけではないでしょうか?

しかし、トイプードルはとても賢い
犬種ですので、根気よく教えれば
必ず覚えてくれますので諦めないで
しつけていきましょう。

トイプードルのトイレのしつけ方法に
ついては、のちほど詳しく
お伝えしていきますので、
読み進めてみてください。

トイプードルのトイレのサイズ!適切な大きさやシート交換の回数

ところで、トイプードルのトイレに
ついてですが、まだ用意なさってない
方のために、具体的にご紹介します。

トイプードルのトイレのサイズは、
シートでいえばレギュラーサイズで
構いません。

トイレトレーもレギュラーサイズの
シートが挟めるもので十分です。

トイレシートの交換の回数ですが、
だいたい1日1回~2回交換すれば
良いでしょう。

ケージの中にトイレを設置している
場合は、こまめに取り換えてあげます。



トイプードルのトイレトレーニング!しつけはいつからがベストなの?

トイプードルのトイレのトレーニングは
すぐに始めるほうが良いでしょう。

子犬の場合も、お迎えしたその日から
するのが望ましいですね。

トイレトレーニングはトレーニングの
中でも最も重要で、また時間のかかる
しつけでもあります。

ですので、すぐにでも始められる方が
ベストです!

トイレのしつけ方!月齢別のトレーニング方法は?

では、いよいよトイレのしつけ方ですが
ここでは、月齢にそって効果的な
しつけの方法をお伝えします。

⇒トイプードルのトイレのしつけ!やり方や開始時期も解説!

トイプードルのトイレのしつけの
詳細については、上記の記事も
併せてご確認ください。



1.生後3か月

生後3か月と言えば、ペットショップや
ブリーダーから譲り受けて一般の
家庭にやってくるころですよね。

このころすでに、トイレのしつけが
済んでいる子も稀にいますが、
それでも場所や環境が変わるので
しつけ直さなければなりません。

まずは基本に立ち返ってトイレの
しつけをしてみましょう。

トイレのしつけの順序は

  1. トイレトレーにシーツを
    セットしたものをケージに
    入れておく
  2. そこにトイプードルの子犬を
    入れて自由にさせる
  3. トイレをしようとする素振り
    をしたら、シーツの上に
    移動させる
  4. トイレをしたら思い切り
    褒める
  5. 繰り返す

この順序でやってみましょう。

子犬のトイレトレーニングの
動画をご紹介します。

参考にしてみてくださいね。

2.生後4か月

順調にトイレトレーニングが
行われていても、生後4か月に
なると、忘れてしまう子も
います。

もし、「せっかく覚えたと思ったのに
最近また失敗するな」と思ったら
是非初心に帰ってしつけなおし
してみてください。

やり方は、3か月の時に教えた方法と
同じ方法で構いません。



3.生後7か月

半年を過ぎて、かなり粗相の回数も
減ってきたと思います。

しかし、ここでもしまだ失敗をする
突然失敗をするという場合は何か
原因があるかもしれませんね。

まだ失敗をする場合は、完全に
トレーニングできていないことが
考えられます。

また、突然失敗するようになった
と言う場合は、環境の変化を
考えてみてください。

  • 引っ越しした
  • 家族が増えた(減った)
  • 家族に悩み事が起こった

など、些細な理由でも繊細な
トイプードルはトイレを失敗する
こともありますので、注意が
必要です。

トイプードルがトイレを覚えない!しつけは成犬でもできる?

トイレトレーニングは、いつから
行っても可能です。

トイプードルを迎えるにあたって、
何も必ず子犬を迎えるとは
限らないですものね。

何らかの事情で、成犬になった
トイプードルを迎えることもあるし
保護をする場合もあるでしょう。

特に保護犬の場合はトイレのしつけは
おろか、人に飼われることに対して
慣れていない、恐怖を抱いている
と言う場合があります。

そのような場合は、まずトイレのしつけ
よりも人に慣れさせたり、安心できる
場所だと認識させてあげることが
重要です。

トレーニングはトイレだけでなく、
全てのトレーニングにおいて、心身ともに
平穏でなければしつけることはできません。



トイプードルがトイレを失敗する!できない場合の効果的な方法は

トイプードルがトイレをどうしても
失敗してしまう場合、どんなふうに
工夫すれば効果があるのでしょう?

トイプードルがトイレを失敗する、
できない場合の効果的な方法を
ここではいくつかご紹介します。

1.トイレトレーからはみ出す場合も叱らない

まず、トイレトレーからおしっこや
うんちがはみ出た場合、
叱ってしまっている飼い主さんは
おられませんか?

これは絶対に叱ってはいけません。

トイプードルにしてみれば
はみ出しただけで、間違ったことを
しているわけではないからです。

どこでもトイレしてしまうより
はみ出ても、トイレを認識している
というだけで凄いことですよ。

トイプードルの中にはどうしても
癖で、端っこでやってしまう子も
確かにいます。

そのような場合はシートを敷く
範囲を広めたり、トイレトレーを
囲いのあるタイプのものにするなど
工夫してあげると良いでしょう。

2.ケージ内のトイレでしつけなおす

トイレトレーニングで一番簡単な方法は
ケージでトイレのしつけをする方法です。

少し広めのケージを用意していただき
そこに、トイレを置きます。

もしくは、トイレシートを敷き詰めた
状態のものを柵で囲ってしまうんです。

柵は100円ショップで売っている
園芸用の柵を利用していただいても
良いですよ。

とにかく行動範囲を狭めることで
トイレを認識しやすくし、
きちんとできるよう誘導してください。



3.トイレの場所を増やす

もし、トイレを失敗するけど毎回
同じ場所にしてしまうという場合は
そこをトイレと認識してしまっている
と言う場合が考えられます。

そのような場合は、もし不都合が
なければいっそそこもトイレに
してしまうのはどうでしょう?

つまり、トイレの箇所を1か所に
するのではなく、何か所も
設置することでトイレの感触を
覚えさせる作戦です。

4.我慢できない老犬の場合はおむつで工夫を

老犬になりますと、どうしてもトイレを
我慢できなくなることもあります。

これはトイレがわかってないのではなく
間に合わないだけです。

しかし、老犬になればどうしても
排泄能力や筋力が衰えますので
ある程度はしかたないと
割り切りましょう。

ペットショップやネット通販では
老犬用のおむつなども
販売されていますので、そのような
グッズを利用するのも良いですね。

まとめ

今回は、トイプードルのトイレ事情に
ついて色々な方向から考察しました。

  1. トイプードルのトイレの
    回数で異常がわかるのか
  2. トイプードルのトイレの
    最適な回数は何回か
  3. 年齢によってトイレの
    回数は変わるのか
  4. トイレを覚えない場合の
    効果的な方法

などについて、お伝えしました。

いくら賢いトイプードルも、
年齢とともにできなくなることも
増えてきます。

ですが、これもその子の個性ですし
最期まで工夫しながら愛情をもって
接していくことが重要ですね。

ABOUT ME
meguppe
こんにちは!大好きなワンちゃんたちのために、何かできることがないかと考え、犬の食事や健康に関する資格を取得し、わんちゃんとの生活を楽しむための、さまざまな情報を提供させて頂いています。 私自身も、可愛いチワワちゃんたちと一緒に過ごしています。犬と一緒に生活してみて初めてわかること、多頭飼いならではのお悩みなど、私自身も悩みや不安を抱えて過ごしていた時期がありました。そんな経験を活かして、飼い主様の疑問や不安を解消し、のびのびとわんこライフを楽しめるような記事を書いていきます。飼い主様もわんちゃんも、元気で楽しくウキウキした人生・犬生を過ごせるよう、一緒に成長していきましょう!