未分類

犬が食糞する原因とは!ストレスが関係してるってホント!?

犬がウンチを食べることを
「食糞」といいます。

その状況を初めて目撃したら
とても驚いてしまいますよね。

私は動物看護師をしていました
が、実際食糞で悩んでいる
飼い主さんの相談を受ける機会
が多くありました。

また自身が飼っている犬も、
以前に食糞をしたことがあるので、
驚く気持ちと焦る気持ちもとても
よく分かります。

犬はなぜ
食糞をするのでしょうか?

今回は犬が食糞する原因
ご紹介します。

私は経験や学んできたことから、
食糞には必ず原因があり、
その原因を改善してあげることで
止めさせられることができるもの
と知りました。

ぜひ食糞の原因を知り、
大切な愛犬の食糞を
改善してあげましょう。

犬が食糞する原因とは!ストレスが関係しているの?

犬が食糞してしまう原因とは
いったい何なのでしょうか?

まずは食糞には、
子犬や母犬がする自然な行動と
成犬による不自然な行動
があるのを知っておきましょう。

原因はさまざまですが、
特に成犬の場合には、
しつけや環境などが原因となり、
食糞してしまう場合があります。

この場合
誤ったしつけや環境により
犬は大きなストレスを感じ、
その気持ちをごまかそうと、
食糞をしてまっている
と考えられます。

何にストレスを感じているかも
犬によってさまざまですが、

飼育環境や飼い主の係り方に、
問題があるかもしれません。

犬にとって
運動不足や愛情不足などは
大きなストレスとなります。

その結果、
発散行為として食糞をしている
可能性があるのです。

またよくあるのが、
誤ったしつけや環境のために食糞
をし、
それを飼い主に怒られる
ことでまた
ストレスになる
というパターンです。

これでは犬にとっても飼い主
にとっても、負のスパイラル
にはまってしまいます。

ストレスが原因の食糞の改善は、
根本的なストレスの原因
取り除いてあげること
が大切
になります。

詳しい改善方法については、
後半でご説明しますね。

食糞の原因は、もちろん
ストレスだけではありません。

次にストレス以外の原因を
ご紹介したいとおもいます。



犬の食糞にはストレス以外にも原因はある!5つの理由とは?

犬が食糞をするのには
必ず原因があります。

食糞を止めさせるには
飼い主がその原因を知って、
しっかり対処してあげる
ことが大切なのです。

次にストレス以外に考えられる
原因を5つご紹介します。

1.栄養不足

食事量が不足している場合や
栄養が足りていない場合に、
空腹や栄養補充のために
食糞
をしてしまう
ことがあります。

決められた量や回数では足りず
空腹のあまり自分のウンチを
食べてしまうのです。

ウンチを出して食べる事で、
栄養や足りない量を補っている
ということですね。

またもう一つ栄養不足の原因に
寄生虫の可能性も考えられます。

寄生虫に感染していることで、
いくら食べても栄養にならず
本能的に食糞をするのです。

人間には考えられないことですが
これはもともと、犬が野生として
生活してきた時から残っている、
本能的な行動なのかもしれません。

またビタミンKやビタミンBが不足
しがちな犬の場合も、栄養を補給
する為に食糞することもあります。

栄養不足には餌の量の見直しと
餌を良質なものに変えることで、
食糞がなくなることがあります。

また栄養不足には病気が関係
していることもあるので
場合によっては
動物病院を受診する
ようにしましょう。

2.食べ物のにおいがする

自分のウンチから
食べ物のにおいがするために
食糞する場合もあります。

餌の消化不良などが原因で
ウンチの中に栄養が残っている
ため、餌のにおいがして
食糞しているのです。

犬の嗅覚はとても鋭く、
少しの栄養や匂いでも感じ取り、
餌と同じ感覚で食べてしまいます。

まだ機能が未熟の子犬の時などは
特に未消化のままウンチになる
ことが多く、食糞もしやすいです。

においが残ってしまう原因は、
胃腸の調子が悪く吸収できて
いない
こともありますし、

餌の量が多すぎたり、
極端に栄養価の高いものをあげる
こともにおい
の残る原因
になります。

また安価なドッグフードには、
犬の食いつきを良くするために
香料等の添加物をたっぷり
使っているものもあり、

そのようなものを与えることで
ウンチにもにおいが残ることが
よくあります。

このような場合は、まずは
餌を変えてみるのが良いでしょう。

また餌からにおいを消すために、
サプリやパイナップル等を与える
ことも良いと言われています。

こちらの記事では、犬の食糞に
おすすめのドッグフードを
ご紹介しています。

⇒犬の食糞におすすめなドッグフード!人気ランキングTOP5選

犬の食糞におすすめのサプリも、
ランキングでご紹介していますよ。

⇒犬の食糞にはサプリがおすすめ!ランキングTOP5選

ぜひ合わせてご覧くださいね。

3.飼い主にかまって欲しい

飼い主にかまって欲しい
という気持ちから、
食糞してしまう犬もいます。

この場合は、犬が食糞をした際
飼い主が騒いだり怒ることで、
飼い主がかまってくれたと勘違い
しているのです。

このような誤った対処をした事で、
犬は食糞をすれば飼い主にかまって
もらえる、と誤った認識をしてしまう
のです。

また食糞を発見した際に驚いて
悲鳴をあげることも、
犬にとっては飼い主が喜んでいる
と勘違いさせることもあるのです。

食糞をしてしまったときは、
犬には絶対にかまわず、
冷静に対処することが大切です。

4.トイレのしつけで叱られた経験から隠す

トイレのしつけで叱ってしまうと、
その経験からウンチを隠す
ようになる子もいます。

トイレの失敗で怒ってしまうと、
犬はウンチをしたことで怒られた
と思ってしまう事があるのです。

そのため、
ウンチをすることがいけない
ことだと勘違い
してしまい、
食糞することで証拠を消そう
とすることがあります。

この場合
トイレの失敗をしても
決して怒らないことと、
ウンチをちゃんとしたら
褒めてあげることが大切です。

5.認知症

実は犬の認知症が原因で
食糞をしてしまう場合も
あります。

犬はだいたい7歳ころから
徐々に老化が始まり、
そして人間同様に認知症を
患う事があります。

認知症を患うと、
いろいろな問題がでてきます。

食糞もその中の一つで、
今までしなかったのに、
急にするようになることが
あります。

認知症はしつけでは対処
できないので、
うんちを食べてしまう前に
素早く片付ける必要がある
でしょう。



犬の食糞を防止しないと癖になる!食糞症とは?

犬の食糞は繰り返されることが多く、
それが癖になってしまっている事を
食糞症といいます。

食糞症は自分のウンチ以外にも、
他の犬のウンチも食べます。

そして日常的に食糞することで、
下痢や嘔吐、口臭や感染症などの
さまざまなトラブルを引き起こす
ことがあります。

特に
成犬になってから食糞し始めたり、
子犬の頃の癖が治らないのは要注意
です。

子犬や母犬による食糞は、
時間が経てば自然となくなる行動
といわれていますが、

成犬になっても治らなかったり、
子犬でも日常的に食糞をしてしまう
場合は、犬にとって食糞が
癖になっているのかもしれません。

この場合早く対処をしないと、
食糞をし続ける可能性があります。

根本的な原因を改善することで、
大抵の食糞は改善されますが、

食糞が癖になると、
治すのも結構大変です。

愛犬の食糞に気がついたら、
早いうちに原因を突き止めて
対処してあげることが、
食糞症
を酷くさせないためには大

なのです。

また犬が食糞をしていると、
健康への影響が気になりますよね。

こちらに健康への影響を
まとめた記事があります。

⇒犬の食糞は病気なの?食べてから健康への影響はないの?

こちらは、成犬でも食糞が治らない
原因をまとめてあります。

⇒犬が食糞をやめない!成犬でも治らない原因とは?

ぜひ合わせてご覧くださいね。



犬が食糞をやめさせたい!改善方法はあるの?

目の前で繰り返される愛犬の食糞、
何とかして止めさせたいと
飼い主なら思いますよね。

食糞は下痢や嘔吐、口臭などの
トラブルの原因にもなりますし、
場合によっては病気や寄生虫等の
感染症を起こす可能性もあります。

原因にもよりますが、基本的には
食糞は良いことではないので、
止めるようにしましょう。

犬の食糞の改善方法には、
原因になるものを取り除く
ことが大切になります。

癖になっている場合も
突発的にする場合も
食糞には必ず原因があります。

飼い主が犬をしっかり観察し、
原因を突き止めて対処してあげる
ことが
食糞をやめさせるには大切
なのです。

主な改善方法としては

  • 餌を変える、増やす
  • 食糞防止のサプリメントを与える
  • 糞の味を変える食べ物を与える
  • 糞をすぐに片つける
  • 環境を変える
  • しつけの仕方を変える
  • 愛情不足にならないようにする
  • 運動や遊ぶ時間を増やす
  • ストレスを与えない

などです。

飼い主の誤ったしつけや
ストレスや環境が原因の場合は、
根気強く原因を取り除く必要
があります。

その際に大切なのは、
間違えて排泄してしまったことを
絶対に叱ってはいけない、
ということです。

排泄のしつけで叱ってしまうと、
犬は排泄すること自体が悪いことだ
と思い逆効果になります。

愛犬が食糞したのを目撃したり、
排泄を失敗してしまった場合には、
冷静になり騒がないことが大切です。

そしてすぐに排泄物を片つける
ようにしましょう。

逆に排泄に成功したときや、
食糞をするのをためらった時には、
大げさな程褒めてあげます。

そして愛情をたっぷり注いで、
一緒に遊んであげたり、
散歩に多めに行くことも
食糞の改善に効果があります。

これは子犬の場合にも効果があり、
食糞以外にも楽しいことがある!
と教えてあげるのです。

また改善策には特に害になる
ことはないので、
いくつか組み合わせて行うように
すると良いでしょう。

しっかりと対処をすれば、食糞は
やめさせることができる行動です。

必ず何かしらの原因がありますので、
飼い主がしっかりと愛犬を観察し、
効果的な改善方法を見つけて
あげましょう。

こちらに犬の食糞対策を
まとめた記事があります。

⇒犬の食糞対策!実際に効果があった10個の予防&改善策を紹介

効果的な予防法と改善策をご紹介
していますので、ぜひご覧くださいね

まとめ

いかがでしたか?

今回は犬が食糞する原因を
ご紹介してきました。

犬が食糞をするのには
ストレスが大きく関係している、
ということがお分かりいただけた
のではないでしょうか?

しかし原因はさまざまですので、
愛犬の食糞の原因は何なのか、
まずは考えてあげましょう。

食糞には様々なリスクもあり、
犬にとっても飼い主にとっても
良いことはありませんよね。

食糞を改善してあげることで、
愛犬との生活がより良いもの
になることでしょう。

そのためには
飼い主が食糞の原因を知り、
その原因を取り除いてあげる

ことが最も大切なのです。

ABOUT ME
ももこ
自己紹介をご覧いただきありがとうございます。 動物大好きで猫4匹と犬2匹と賑やかに暮らしています♪ 専門学校にて動物のことを学び、卒業後は動物看護士として働いていました♪動物看護士、ペットトリマー、ドックトレーナー、愛玩動物飼養管理士、ホリスティックケアカウンセラーの資格を持っております。 また時間があるときには里親ボランティアなどに参加しております。いま一緒に暮らしているわんちゃんねこちゃんは皆引き取った子達です♪ 学んできたことや経験を生かし、皆様に良い記事をお届けできればと思います(^-^)宜しくお願い致します。ももこ