未分類

犬の下痢がゼリー状に・・・病気の可能性だけじゃないって本当!?

愛犬が下痢をしていたら、
病気なのかと心配してしまいますよね。

特にドロドロとしたゼリー状の下痢を
していたら、見るからに病気っぽくて
不安になってしまうと思います。

実際にこのようなゼリー状の下痢は、
病気が原因になっている可能性があります。

しかしなかには病気が原因ではなく、
普段の生活から起こっている場合も
あるんですよ。

そこで今回は
犬の下痢がゼリー状のときに考えられる
病気以外の原因をご紹介したいと思います。

ゼリー状の下痢をすると
病気ばかり考えてしまいますが、
実は身近に原因があるかもしれません。

愛犬のゼリー状の下痢の原因を知って、
正しい対処をしてあげましょうね。

犬の下痢がゼリー状になる病気以外の原因とは

下痢がゼリー状になってしまうのは、
大腸や直腸に炎症が起こることで
腸内の粘膜が剥がれ落ち、
便と一緒に排泄されてしまうからです。

この粘液がゼリー状に見えるため、
ゼリー状の下痢といわれます。

原因の多くはウイルスや細菌によって
腸炎を起こしたことによるものです。

しかしなかには
病気以外の原因で腸が荒れてしまい
ゼリー状の下痢をすることもあります。

病気以外でよくある原因に

  • 誤食
  • 消化不良
  • ストレス

などが挙げられます。

これらが原因で犬の調子が悪くなると
腸内の粘液が多くなり、
さらにドロドロとした便になりますよ。

食欲や元気に問題がなく、
ごくたまに出るくらいであれば
特に問題はありません。

ですが症状が続いたり
他にも気になる症状がある場合には、
動物病院に連れて行くようにしましょう。

病気が原因の場合には病気の治療が必要
ですが、病気以外の原因がある場合には
根本となる原因を取り除かなくては
下痢は治りません。

ですので
何がゼリー状の下痢の原因になっているのか、
しっかりと突き止めてあげましょうね。

次に病気以外の原因について
詳しくご紹介していきますね。

1.誤食

犬が急にゼリー状の下痢をしたとき、
誤食の可能性があります。

  • 遊んでいたおもちゃの誤食
  • 落ちていたゴミの誤食
  • 人間の食べ物の誤食

これらは普段の生活でよく起こる誤食です。

特におもちゃのプラスチック破片や
ボールのゴムのようなものは、
消化されずに下痢として排出されます。

異物は大腸を荒らす原因になるので、
荒らされた粘膜まで排出されてしまう
のです。

また怖いのが人間の食べ物の誤食です。

なかには犬にとって危険なものもあり、
そのようなものを誤食させてしまうと
腸が荒れてゼリー状の下痢を伴うことが
あります。

下痢をした後に元気があり
食欲もあるのなら問題いりませんが、

元気がなくなり下痢が続くようならば、
動物病院でみてもらう方が良いでしょう。

そして誤食したものを突き止め、
同じことが起こらないように
してあげましょう。



2.餌が合っていない

消化不良でも腸が荒れて、
ゼリー状の下痢は起こります。

誤食でも消化不良を起こしますが、
普段与えている餌が合っていないために
下痢を起こしているかもしれません。

本来犬の主食は
生の動物性のたんぱく質ですが、

一般的なドックフードの主原料には
穀物類が多く使われています。

実はこの穀物は、犬にとって
消化不良を起こしやすいのです。

また添加物や脂肪分も多く入っていて、
これらも犬にとって腸内環境を乱し
消化不良の原因となります。

また良質なフードを与えていても、
与える量が多すぎたり繊維質が過多だと、
消化不良を起こし下痢の原因となります。

この場合犬は元気でよく食べるけど、
結局栄養が摂取できていないため、
さまざまなトラブルの原因となるのです。

元気で病気はないけれどゼリー状の下痢が続く
という場合には、早いうちにフードの見直しと
与える量の見直しが必要でしょう。

こちらに普段の食事が原因で起こる下痢
についてまとめた記事があります。

そのような食生活を見直すための
5つの注意点をご紹介していますので
ぜひ合わせてご覧下さいね。

⇒犬の下痢は食事が原因!?食生活を見直すための5つの注意点

食生活を見直すと、
犬の体調は大きく変わりますよ。

3.ストレス

犬は表情には出しませんが、
とてもストレスに弱い動物です。

そしてストレスを感じると腸内が乱れ
ゼリー状の下痢を起こすことがあります。

  • 運動不足
  • 愛情不足
  • 急なダイエット
  • 環境の変化
  • 来客
  • お出かけ
  • 留守番

このようなことで犬は日々、
ストレスを感じているかもしれません。

ストレスは犬の問題行動の原因にもなり、
放っておくとさまざまなトラブルを
引き起こします。

このような場合には一度生活を見直して、
ストレスを極力減らしてあげるように
しましょう。

こちらに
犬の下痢とストレスの関係について
まとめた記事がありますのでご紹介します。

⇒犬の下痢とストレスの関係は?病気との見分け方を徹底解説!

病気との見分け方を詳しくご紹介して
いますので、参考にして下さいね。



犬のゼリー状の下痢の原因でよくあるできごと

先ほども言いましたが、
愛犬がゼリー状の下痢をしたときには
何が原因になっているのかしっかりと
考えてあげましょう。

ただただ下痢の治療をしていては
根本的な原因は解決されませんので、
結局また下痢は繰り返されます。

まずは愛犬の身の回りのことで、
何か変化がなかったか考えて見ましょう。

ここで犬が腸内環境を崩す原因として
よくあることをご紹介しますね。

●突然ドッグフードを変えた

最もよくあるのが、ドッグフードを
急に変えたことで起こる下痢です。

フードの種類を変えた場合はもちろん、
子犬用のものから成犬用に変えたり
ダイエット用のフードにしたりなど、

突然ドッグフードを変えてはいませんか?

犬の胃腸は意外にも敏感で、
突然ドッグフードを変えると腸内が荒れて
ゼリー状の下痢をすることがありますよ。

ドックフードを変える際には
徐々に切り替えることが大切です。

今までのフード9に対して、
新しいフード1の割合から始め、
徐々に変えていくようにしましょう。

また
慣れてくるまで下痢が続くことがありますが、
この場合大抵は慣れてきたら腸内環境も整い、
下痢も治まるでしょう。

もし続くようなら
フードが合っていない可能性もあります。

その場合も徐々に
愛犬に合うフードに変えてあげましょう。

こちらの記事では
下痢を予防できるおすすめのドッグフード
をご紹介しています。

⇒犬の下痢を予防できるフードランキング!効果的なTOP5!【厳選】

また犬の下痢には、
お腹の調子を整えるサプリもおすすめです。

こちらでおすすめのサプリをご紹介
していますので参考にして下さいね。

⇒犬の下痢におすすめのサプリ!お腹の調子を整えてくれるTOP5!

腸内環境が整い、愛犬のさまざまな
トラブルの改善に繋がりますよ。

●犬の飼育環境を変えた

最近、
犬の飼育環境を変えたことはありませんか?

飼い主にとってはあまり気になりませんが、
犬にとって飼育環境が変わるのは
とてもストレスになることがあります。

  • 犬の寝床を変えた
  • ケージに入れることが多くなった
  • 同居犬が増えた
  • 家族環境が変わった
  • ダイエットを始めた
  • 運動が減った
  • 留守番が増えた

などなど…

もし何か環境の変化があった場合は、
そのストレスを取り除かなくては
下痢は改善されません。

環境の変化は仕方ないこともありますが、
できる限り愛犬にとってストレスの無い
環境を考えてあげましょうね。

●引っ越し

引っ越しをした後に、
愛犬の下痢が酷くなることもよくあります。

引越しのあとにゼリー状の下痢をしていたら、
愛犬が新しい環境にストレスを抱えている
可能性がありますよ。

大きなストレスを抱えると、
下痢のほかにも

  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 体臭や口臭
  • 毛づやが悪くなったり脱毛
  • 無駄吠えや問題行動
  • 元気が無くなる

このようなことが起こります。

いつも以上に愛犬の相手をしてあげて、
少しでも不安を解消してあげることが
とても大切です。



犬のゼリー状の下痢も長く続くなら病院へ

このようにゼリー状の下痢は、
食べ物やストレスによって引き起こされる
ことがあるということをお話してきました。

しかしどのような原因の場合も、
腸内が炎症していることには
変わりありません。

その状態が長く続くと、
犬の腸にはとても大きな負担が
かかってしまいます。

思い当たる原因が無かったり、
長く続くようならば、
動物病院に連れて行くようにしましょうね。

また短時間の間にゼリー状の下痢を
繰り返している場合には、
脱水症状を起こすこともあります。

その場合も
早急に病院に連れて行きましょう。

またこちらの記事では
犬の下痢止めについてご紹介しています。

下痢止めは飲ませ続けると危険な場合
もあるので、参考にして下さいね

⇒犬に下痢止めが効かない!そのまま飲ませ続けると危険な症状とは?

また感染が原因の下痢についても
まとめた記事がありますのでご紹介します。

⇒犬の下痢は感染が原因かも!?早期発見のために症状をチェック!

チェック方法を知って、
早期発見に繋げましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は
犬の下痢がゼリー状のときに考えられる
病気以外の原因をご紹介してきました。

ゼリー状の下痢は、食べ物やストレス
によって引き起こされることもある
ということが分かりましたね。

ゼリー状の下痢をすると
病気ばかり考えてしまいますが、
原因は身近にあるかもしれないのです。

犬の全体の状態をしっかりと観察した上で、
下痢の原因を判断するようにしましょうね。

もちろん何らかの病気が原因で
ゼリー状の下痢をしている場合もあります。

飼い主だけではなかなか判断が難しいので、
そのような場合には動物病院で見てもらう
ことをおすすめします。

ABOUT ME
ももこ
自己紹介をご覧いただきありがとうございます。 動物大好きで猫4匹と犬2匹と賑やかに暮らしています♪ 専門学校にて動物のことを学び、卒業後は動物看護士として働いていました♪動物看護士、ペットトリマー、ドックトレーナー、愛玩動物飼養管理士、ホリスティックケアカウンセラーの資格を持っております。 また時間があるときには里親ボランティアなどに参加しております。いま一緒に暮らしているわんちゃんねこちゃんは皆引き取った子達です♪ 学んできたことや経験を生かし、皆様に良い記事をお届けできればと思います(^-^)宜しくお願い致します。ももこ