未分類

犬の下痢は食事が原因!?食生活を見直すための5つの注意点

特に病気もなく元気な愛犬が、
たまに下痢をすることはありませんか?

元気でたまになので、
そのまま様子を見てしまうことも
あると思います。

しかしそのような犬の下痢、
実は毎日の食生活が原因で
起こっている
下痢かもしれません。

食生活が原因の下痢を放っておくと
下痢症状は一向に改善されず、
逆に犬の腸に負担がかかり続けて
病気の原因になることもありますよ。

そこで今回は、犬が下痢をしたときに
食生活を見直すための5つの注意点を
ご紹介します。

犬が下痢をしてしまう食事の特徴を
詳しくご説明していきますので、
ぜひ参考にして下さいね。

犬の下痢は食事が原因で起こる可能性もある

犬が下痢をしたら、
まずは何が原因になっているのかを
しっかりと考えてあげましょう。

犬の下痢の原因はさまざまですが、
主に下記のようなものが考えられます。

  • 誤食
  • アレルギー反応
  • 食べ物や食べ方
  • 疲労
  • ストレス
  • 投薬
  • 病気
  • 細菌やウイルス

原因の特定は色や形、犬の症状から
だいたいは判断することができます。

そして病気が原因ではない場合には、
毎日の食生活が原因で下痢を起こしている
ことがとても多くあるんです。

その場合の便の色は黄色か茶色か黄土色、
状態は若干緩便から水溶便までみられます。

また血便、粘液便がでることもあります。

便の中に未消化の食べ物が見られることも
あります。

このような場合は
食事が原因で腸内環境が悪化し、
それが下痢の原因になっているのです。

食生活での腸内環境の悪化は

  • 消化不良
  • 水分過多
  • 栄養不足
  • 栄養過多
  • 細菌感染
  • アレルギー症状
  • 中毒症状

などによって起こります。

犬の下痢を改善するには食生活の見直しが肝心

ですので犬の下痢を改善するのには、
まずは食生活の見直しがとても大切です。

もちろん下痢の原因は他にもあるので、
例えば病気が原因の場合には病気の治療が
最優先でしょう。

もし便の色がおかしかったり、
元気がなく頻繁に下痢をする場合には
すぐに動物病院に連れて行きましょう。

こちらに下痢のお薬について
まとめた記事がありますので、
合わせて参考にして下さいね。

⇒犬の下痢に薬は効くの?病院での処方薬や人間用を徹底比較!

しかしどのような場合も
毎日の食事は犬の身体を作る基本なので、
しっかりと愛犬のために、栄養バランス
の整った食事を考えてあげましょうね。

犬が下痢をしてしまう食事の特徴

では実際に犬が下痢を起こしやすい食事の
特徴を見てみましょう!

犬の下痢が続いていて、
このような特徴の食事を与えている場合には
すぐに食事の見直しをするようにしましょう。

放っておくと腸内環境はさらに悪化し、
さまざまな体調の悪化に繋がります。

逆に食事の改善をし
愛犬の腸内を整えてあげると、
身体全体の健康へと繋がりますよ。



1.フードやトッピング・おやつの脂質が多い

まず考えられるのが、
フードやトッピング、おやつの脂質が
多すぎていることです。

脂質が多いと便が緩くなったり、
下痢になってしまうことがあります。

実は一般的なドックフードには
脂質がとても多く含まれています。

さらにトッピングやおやつなどが加わると
1日で摂取する脂質が過多になってしまう
傾向があるのです。

一般的に脂質は、【成犬で1.1g×体重】
が1日の必要量とされています。

給餌量や水分含有量にもよりますが、
下痢をしている場合には15%前後を目安
脂質の割合が少ないものに切り替えてみる
ことをおすすめします。

またトッピングでは特に、芋類や果物、
おからも脂質が多いので注意しましょう。

脂質の少ないキャベツやもやし、
ささみや寒天などがおすすめですよ。

2.食事の材料やフードが腐っている

犬に与える食事は衛生面もとても大切です。

普段与えている食事の材料やフードが
傷んでいたり腐っている場合には、
当たり前ですが下痢を起こします。

  • フードが傷んでいないか
  • 野菜や肉の品質は問題ないか
  • 肉を生で与えていないか
  • 食べ残しを与えていないか
  • 飲料水は新鮮か

普段の与え方を確認してみましょう。

特に夏場は、食べ残した野菜やドックフード
は腐りやすいので注意が必要ですよ。

これがきっかけで細菌性の胃腸炎になると、
酷い下痢や嘔吐が見られ、
そこから脱水症状になる場合もあります。

軽い場合は悪いものが体内から出れば症状
は落ち着きますが、下痢が続く場合には
早めに動物病院へ連れて行きましょう。

3.犬にとって危険な食材を与えている

知らず知らず犬にとって危険な食材を
与えているということはありませんか?

人間の食べ物の中には、
犬にとって危険な食材が多くあります。

もしそれを知らずに犬に与えてしまうと、
中毒症状を起こし下痢や嘔吐をします。

与える量が少量の場合は軽度で済みますが、
誤って食べたり大量に与えた場合には、
中毒症状から亡くなることもあるので
注意が必要なのです。

特に犬を飼い始めたばかりの飼い主の方
に良くありますよ。

下記に犬が中毒を起こしやすい主な食べ物
をまとめましたので確認してみて下さい。

玉ねぎ(ネギ類)、チョコレート(カカオ)、ぶどう、コーヒー・紅茶(カフェイン)、アルコール、アボカド、マカデミアナッツ(ナッツ類)、キシリトール

そして酷い中毒症状がみられた場合には、
すぐに動物病院に連れて行きましょう。

また自宅でできる下痢対策を
ご紹介した記事があります。

⇒犬の下痢は絶食するべき!?治すために自宅でできる対策5選!

合わせて参考にして下さいね。

4.栄養バランスが最適なものでない

身体に良いものを与えていたとしても
栄養バランスが良くないと、
腸内環境が悪化し下痢を起こしますよ。

実はドックフードを与えているからと
必ずしも栄養のバランスが良いとは
限りません。

一般的なドックフードの主原料は小麦や
トウモロコシなどの穀物系のたんぱく質
のことが多いのですが、

実はこれらは犬にとって消化が悪く、
アレルギーも起こしやすい食材です。

また本来犬にとって必要な栄養素は
ほとんど入っていないのです。

さらに脂質も多く添加物や保存料
などもたくさん入っているため、
これでは下痢を起こしてしまうのも
無理はありません。

犬にとって必要な栄養素とは

  • タンパク質(アミノ酸)
  • ビタミン
  • 炭水化物(食物繊維)
  • ミネラル
  • 脂肪(脂肪酸)

これらをバランスよく
食事に取り入れることが大切です。

記事の最後に
おすすめの栄養バランスの整ったフード
をご紹介していますのでご覧下さいね。

また腸内環境を整えるためには
乳酸菌を摂取させてあげるのも良いですよ。

乳酸菌が下痢に効果的な理由については
こちらを参考にして下さいね。

⇒犬の下痢に乳酸菌は有効?そのメリットや摂取する方法をご紹介!

摂取方法も詳しくご紹介していますよ。

[adsens2a]

5.食物アレルギーを引き起こしている

食事を食べた直後から様子がおかしい場合、
食物アレルギーを起こしている可能性
あります。

その際には食事の後に

  • 体を痒がる
  • お腹が鳴る
  • お腹が張る
  • 下痢や嘔吐

などの症状が見られます。

もし食物アレルギーの場合には、
原因となるアレルゲンをカットしたフード
に変えなければ、症状は改善されません。

このような症状がみられたら
与えているフードの原料のチェックをして、
アレルゲンの特定のために動物病院で検査
をしてもらうようにしましょう。

下痢で病院に行く際の準備などは
こちらの記事を参考にして下さいね。

⇒犬の下痢はすぐに病院へ!治療費や準備するものチェックリスト!

大切なことをチェックしてから、
病院に連れて行きましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は犬が下痢をしたときに
食生活を見直すための5つの注意点
をご紹介しました。

犬が下痢をしてしまう食事の特徴は

  1. フードやトッピング・おやつの脂質が多い
  2. 食事の材料やフードが腐っている
  3. 犬にとって危険な食材を与えている
  4. 栄養バランスが最適なものでない
  5. 食物アレルギーを引き起こしている

ということでしたね。

犬が下痢をしていたらこれらに注意し、
食生活を見直すことがとても大切ですよ。

こちらに栄養バランスの整ったフードを
ご紹介した記事がありますので、
見直しの際にはぜひ参考にして下さいね。

⇒犬の下痢を予防できるフードランキング!効果的なTOP5!【厳選】

またそれと合わせて、
サプリで栄養を補うことで
さらに効果が期待できますよ。

⇒犬の下痢におすすめのサプリ!お腹の調子を整えてくれるTOP5!

愛犬に合った食生活でしっかりと体を整え、
下痢を予防・改善してあげましょうね。

ABOUT ME
ももこ
自己紹介をご覧いただきありがとうございます。 動物大好きで猫4匹と犬2匹と賑やかに暮らしています♪ 専門学校にて動物のことを学び、卒業後は動物看護士として働いていました♪動物看護士、ペットトリマー、ドックトレーナー、愛玩動物飼養管理士、ホリスティックケアカウンセラーの資格を持っております。 また時間があるときには里親ボランティアなどに参加しております。いま一緒に暮らしているわんちゃんねこちゃんは皆引き取った子達です♪ 学んできたことや経験を生かし、皆様に良い記事をお届けできればと思います(^-^)宜しくお願い致します。ももこ