未分類

犬の下痢に薬は効くの?病院での処方薬や人間用を徹底比較!

犬が下痢をしていたら
早く治してあげたいと思いますよね。

人間も下痢の時には薬を飲むので、
愛犬にも同様に薬を飲ませてあげたい
と思うこともあると思います。

もちろん犬にも下痢の薬を与えることで
症状が治まり効果的な場合もあります。

しかしそのような下痢の薬にはデメリット
もあるため、安易に薬に頼りすぎない方が
良い場合もあるのです。

そこで今回は、犬の下痢に薬の効果と、
病院での処方薬や人間用の薬について
もご紹介したいと思います。

下痢の薬のメリットとデメリットを
それぞれご紹介していきますね。

愛犬の下痢の改善のためにも、
下痢の薬についてしっかりと
学んでおきましょう!

犬の下痢に薬を与えるメリット

出典https://www.amazon.co.jp

まずは始めに犬の下痢に薬を与える
メリットをご紹介していきます。

与えるメリットとしては

  • 下痢の症状が治まる
  • 市販薬も簡単に手に入る

というが挙げられます。

それぞれ詳しく説明していきますね。

1.下痢の症状が治まる

犬の下痢の原因はさまざまですので、
処方されるお薬も種類が色々あります。

動物病院へ連れて行き診察してもらえば、
それぞれに合ったお薬を処方してもらえる
でしょう。

下痢で良く処方されるお薬はこちらです。

  • 下痢止め
  • 整腸剤
  • 抗生物質
  • 抗菌薬
  • 駆虫薬
  • 抗炎症薬
  • 免疫抑制剤
  • ステロイド

診察してもらって処方されるので、
病状にしっかりと効いていれば
数時間~数日で下痢は治まるでしょう。

2.市販薬も手に入る

犬が下痢をしたときの対処法として、
一番確かなのは動物病院へ連れて行く
ことです。

しかし症状によっては
それほど酷くないこともありますし、
なかなかすぐには連れていけない
なんてこともありますよね。

そんな時は、
犬の下痢止めや整腸剤の市販薬があり、
それならすぐに手に入ります。

ネットでも購入することができますので、
病院へ連れて行くよりも手軽に、
薬を飲ませてあげることができます。

しかし下痢止めに関しては、
下痢の原因によっては使用しない方が
良い場合もありますので注意しましょう。

市販薬でおすすめなのがビオフェルミンです。

乳酸菌が腸内を整えてくれる人間用のお薬
ですが、犬にも同様の効果を発揮します。

詳しくはこちらにまとめてありますので、
参考にして下さいね。

⇒犬の下痢にもビオフェルミン?飲ませ方や効果を今すぐCHECK!

犬への飲ませ方もご紹介していますよ。



犬の下痢に薬を与えるデメリット

出典https://www.amazon.co.jp

しかしいくら手軽に手に入り症状が治まる
といっても、そのような下痢の薬には
デメリットもあります。

デメリットとしては

  • 薬だけでは下痢は治らない
  • さらに症状を悪化させることもある

このようなことが挙げられます。

次に詳しくご紹介していきますね。

1.症状を抑えることはできても治らない

下痢止めや整腸剤を飲ませた場合、
薬が効いているときに下痢が止まったとして
また再発することがあります。

これでは症状は一時期的に治まっても、
根本的な下痢の原因は治っていないのです。

犬の下痢には何かしらの原因があります。

そしてその原因が例えば、

  • 食事内容
  • 飼育環境
  • ストレス
  • アレルギー

などだった場合には、
その場で下痢を止めただけでは
全く意味がないのです。

下痢止めや整腸剤も使いつつ、
根本的な原因を取り除いてあげることが
大切です。

2.さらには悪化させることも

また、もし下痢の原因が

  • 細菌感染
  • ウイルス感染
  • 寄生虫感染
  • 誤食によるもの
  • 中毒によるもの
  • 腫瘍によるもの
  • その他の病気によるもの

このような場合にも、
一時期的に腸内を整えることができても
根本的な原因は解決されていませんので、
下痢止めを飲んでもほとんど効きません。

そして効かないどころか、場合によっては
却って症状を悪化させてしまいます。

下痢を無理に止めることで、
悪いものが身体から排出されなくなり、
身体の中に病原菌を増やしてしまうためです。

下痢にこのような原因が疑われる場合には、
安易に市販薬を使うのではなく、動物病院で
しっかりと診察してもらうようにしましょう。

犬の下痢で薬を飲ませるならあくまで応急処置として

感染症や中毒、誤食が原因の下痢以外
でしたら、下痢の薬は使っても問題は
ありません。

しかし犬の下痢で薬を使う場合には、
あくまで応急処置として使うように
しましょう。

下痢の薬は病気や下痢の原因を
治すためのものではないのです。

早急に根本的な原因を突き止め、
その原因の治療・改善を優先しましょう。

こちらに下痢で動物病院に連れて行く際に
準備するものチェックリストをご紹介した
記事がありますのでご紹介しますね。

⇒犬の下痢はすぐに病院へ!治療費や準備するものチェックリスト!

病院へ連れて行く前にチェックしておくと、
スムーズに受診することができますよ。



犬の下痢に効果のある薬を比較!

次に犬の下痢に効果のある薬をご紹介します。

下痢の薬はあくまで応急処置とお伝え
しましたが、下痢の症状が続くのは
犬にとって辛いものです。

下痢は脱水症状を起こすこともあるので
場合によっては下痢のお薬を使い、
下痢を止めてあげる必要もあるのです。

感染症や中毒、
誤食が原因の下痢以外でしたら、
まず下痢のお薬を飲ませてあげて、
様子を見てあげるのも良いでしょう。

●人間用の薬

出典https://www.amazon.co.jp

人間用の薬の中には
犬にも与えられるものがあり、
その代表的なのがビオフェルミンです。

ビオフェルミンといっても種類があり、
犬に与えていいのは医薬部外品の
「新ビオフェルミンS」です。

新ビオフェルミンSは、
実はほぼ乳酸菌でできています。

ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌
という三種類の乳酸菌の粉末が主成分で、

後は錠剤や粉剤に加工するために
コーンスターチ・飴・白糖などが含まれてます。

ですのでサプリメントと同じ感覚で、
どのような犬にも与えることができますよ。

小型犬の場合は1日に2分の1~1錠程度
中型犬なら1錠、大型犬なら2錠程度を
与えて下さい。

与え過ぎには注意し、特に与え始めは
様子を見ながら与えるようにしましょう。

●犬用の薬

出典https://www.amazon.co.jp

犬用の下痢の薬でおすすめなのが、
この「ディアバスター」です。

ディアバスターは犬猫用消化器用薬で、
犬が下痢を起こしてしまった時に良く
処方される、動物用の下痢止めです。

有効成分が効き、犬の下痢に多方面から
アプローチしてくれるのが特徴です。

有効成分は以下の通りです。

  • タンニン酸ベルベリン…腸の収れん作用・殺菌作用
  • 次硝酸ビスマス…保護膜形成・腸の運動抑制
  • ゲンノショウコ乾燥エキス…腸粘膜の保護
  • ロートエキス…腸の運動抑制・痛みの緩和
  • 五倍子末…抗菌作用、胃腸粘膜の保護

動物用の下痢止めで動物病院でも
処方されることもあるお薬なので、
安心です。

しかし先程も言いましたが、
下痢の原因によっては下痢止めは逆効果
になることがあります。

お薬を使用するかしないか自分で判断する
のではなく、まずはできるだけ動物病院に
連れて行き、相談をするようしましょう。

こちらに犬の下痢に効く乳酸菌について
ご紹介した記事があります。

乳酸菌は薬よりもリスクが少なく、
どのような下痢にも摂取することができるので
とてもおすすめですよ。

⇒犬の下痢に乳酸菌は有効?そのメリットや摂取する方法をご紹介!

摂取方法もご紹介していますので、
ぜひ参考にして下さいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、犬の下痢に薬の効果と
病院での処方薬や人間用の薬について
もご紹介してきました。

犬の下痢の薬は、原因によって
効果がある場合とない場合がある
ということをお話してきましたね。

下痢の薬は病気や下痢の原因を
治すためのものではないのです。

あくまで応急処置として使うように
しましょうね。

そして
早急に下痢の根本的な原因を突き止め、
その原因の治療・改善をすることが
何よりも大切ですよ。

またこちらの記事では、
犬の下痢を予防できるドックフードを
ランキングでご紹介しています。

普段与えている食事を見直すことで
下痢が治る場合もありますので、
ぜひ参考にしてみて下さいね。

⇒犬の下痢を予防できるフードランキング!効果的なTOP5!【厳選】

下痢におすすめの乳酸菌入りのサプリを
ご紹介した記事もありますよ。

⇒犬の下痢におすすめのサプリ!お腹の調子を整えてくれるTOP5!

乳酸菌でお腹の調子を整えて、
愛犬の下痢を予防改善してあげましょう。

ABOUT ME
ももこ
自己紹介をご覧いただきありがとうございます。 動物大好きで猫4匹と犬2匹と賑やかに暮らしています♪ 専門学校にて動物のことを学び、卒業後は動物看護士として働いていました♪動物看護士、ペットトリマー、ドックトレーナー、愛玩動物飼養管理士、ホリスティックケアカウンセラーの資格を持っております。 また時間があるときには里親ボランティアなどに参加しております。いま一緒に暮らしているわんちゃんねこちゃんは皆引き取った子達です♪ 学んできたことや経験を生かし、皆様に良い記事をお届けできればと思います(^-^)宜しくお願い致します。ももこ