スポンサーリンク

うさぎの牧草入れ人気ランキング!散らかりにくいおすすめ5選

うさぎの主食はペレットですが、
それだけでは栄養が足りないため、
チモシーと呼ばれる牧草を一緒に与えます。

ですがチモシーは乾燥しているために、
食べている間に散らかってしまったり、
チモシーの粉が飛び散ったりすることも。

できればうさぎに食べやすく、
散らかりにくい牧草入れが欲しいですよね。

今回は牧草が散らかりにくい
人気の牧草入れを、
ランキング形式で紹介。

どんな牧草入れを買おうか
悩んでいる人も、
ぜひ今回の記事を
参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

うさぎの牧草入れのおすすめランキング!

うさぎの牧草入れは種類も多く、
どんなものを選んだらいいのか
迷うことも多いかと思います。

次の章では、
実際の口コミも交えた
おすすめの牧草入れを
紹介していきましょう。

第1位:マルカン 牧草用エコフィーダー

おすすめの牧草入れ第1位は、
「マルカン牧草用エコフィーダー」です。

動画内では実際に購入した人が
商品について紹介していますので、
購入前の参考にしてみてください。

こちらの商品は、
牧草を押さえるストッパーがついていて、

うさぎが引っ張り出しても
床に落ちてしまうことがなくなり、
長く食べられるのが特徴です。

ここで口コミも見てみましょう。

以前使っていた牧草入れは、ボロボロと下にこぼれてしまい多くの草が食べられないまま捨ててしまうということが多かったのですが、こちらの商品を購入してからは、チモシーもたくさん入りますし、それをしっかり押さえてくれます。そしてなによりボロボロとこぼれる量が少なくなったので、餌代の節約にもなりました。

スキマがうちの子にはちょっと小さかったみたいで牧草をとろうとしても割とすぐあきらめちゃいます
スキマからはみだしてるのだけ食べます

もっと早く買えばよかったです。小屋に落ちてしまった牧草は食べないうちの子。これのおかげで小屋が汚れにくくなりました。

口コミを見ると、
ケージ内に落ちることなく、
汚れも少なくなったという意見が多くありました。

中にはストッパーから
牧草がはみ出ていないと食べづらくて
諦めてしまう子もいるようですね。

解決策としては牧草を
ストッパーからはみ出すようにして
うさぎが食べやすくしてあげると
良いかもしれません。

またこちらの牧草入れは
背面にストッパーとネジが付属されているので、
ケージに簡単に取り付けることができ、
倒れる心配もなく安心して使えます。

第2位:川井 チモシースタンド

出典 amazon.co.jp

おすすめの牧草入れ第2位は、
「川井チモシースタンド」です。

縦長の形状で、
上からも真ん中からも
牧草が食べられるように設計。

小さいサイズのうさぎから
大きいサイズの子まで、
食べやすいのが特徴です。

口コミはこちらです。

噛みつかないし、ケージにしっかり固定できて、場所も取らないしいいですね。

付けやすくて食べるところも大きい!
チモシーも落ちにくい。
しかし、サイズが少し小さい!!

陶器なのでうさぎがかじらないので安心です。その割には値段が安かったです。

口コミにはスリムで
場所を取らないという意見と、
サイズが小さいというものがあります。

こちらは設置するケージや、
うさぎのサイズに合わせて選んだ方が
良さそうですね。

川井のチモシースタンドは、
一般的にプラスチックや木製の製品が多いなか、
陶器でできているのもポイント。

齧ることが好きなうさぎに
ボロボロにされてしまう心配も無く、
また汚れも落としやすいので衛生的に使えます。

第3位:SANKO ワイドフィーダー


出典 amazon.co.jp

第3位の「SANKOワイドフィーダー」は、
その名のとおり牧草入れ自体の幅が広く、
たっぷりと牧草を入れることが可能。

牧草が大好きでたくさん食べる
うさぎにもピッタリです。

ここで口コミを見てみましょう。

このフィーダーは桟がタテで幅広のためストレスを感じないようで、下から食べていれば
自然に上の草も下に降りてくるので、いつも食べやすい所にチモシーがある。
チモシーが散らばらず効率が大幅アップ。細かめの葉や粉は落ちてしまうが大物は完食。

ちょと大きすぎます。60cmのケージだと非常に邪魔な大きさです。

いろんなメーカーのものを5,6個試しましたが、過去最高です。
挟むタイプとかだといらついてケースごと外したりして結局ダメだったのですが、
こちらの外付けの方式だととてもうまくいっています。チモシーの補充も容易です。

口コミのほとんどはうさぎが食べやすく、
牧草の補充も簡単という意見がほとんどでした。

中にはサイズが大きすぎるという口コミもあり、
使うケージによっては
サイズが合わない場合もあるようです。

こちらは事前にケージのサイズも
チェックしておくのがおすすめです。

またこの牧草入れはサイズが大きいだけでなく、
牧草を押さえる柵の間隔も広めなので、
ストレスを感じることなく
食べることができます。

第4位:CASA かじり木牧草ワイドフィーダー


出典 amazon.co.jp

おすすめランキング第4位は、
「かじり木牧草ワイドフィーダー」です。

外寸が約27cmもあるこちらの商品は、
牧草がたっぷりと入るので、
うさぎが食べたいときに
いつでも食べられるのが特徴です。

口コミもチェックしてみましょう。

木製なので、端っこをかじったりしてますが、ほぼ壊れる事なく使用出来てます。

口コミにもありますが、
こちらの牧草入れは木製なので
かじり木の役割も担い、
うさぎが齧っても安全な木材を使用しています。

また底部分には「かえし」がついていて、
牧草の粉も飛び散りにくいのもポイントです。

第5位:アドメイト ポタリー チモシーキープ


出典 amazon.co.jp

おすすめのうさぎの牧草入れランキング
第5位は「ポタリーチモシーキープ」です。

スリムなタイプなので
ケージ内でも場所を取らずに設置ができ、
小さめのケージにもおすすめです。

気になる口コミはこちらです。

うさぎの牧草が床の隙間から下に落ちていってしまうことでずっと悩んでいてこちらを買いました。
受け皿部分がたっぷりあるので、たくさん牧草を入れておけるし全然下に落ちません。

レビューが良かったので買ってみましたが、うちのうさぎには向きませんでした。
受け皿のスペースを掘りたくて掘りたくて何度もガサガサやってます。

うさぎの牧草が床の隙間から下に落ちていってしまうことでずっと悩んでいてこちらを買いました。
受け皿部分がたっぷりあるので、たくさん牧草を入れておけるし全然下に落ちません。

口コミにもあるように、
こちらの牧草入れは
底の受け皿部分が深く設計され、

食べ残しや細かなゴミが
落ちにくくなっています。

また牧草入れ手前は余裕がある広さで、
ペレットを入れることも可能です。

うさぎの餌入れは手作りもできる?

飼いはじめの頃は
どんな餌入れがいいのか迷い、
とりあえず市販のものを飼う人も
多いかと思います。

ですが実際に使い始めると
使い勝手が悪かったり、
飼っているうさぎには合わなかったりと、
いろいろと不満がでてくることも。

そんなときに手作りで
ぴったりなものを作ってあげられないかと
思う人もいるのではないでしょうか。

実はうさぎの餌入れは手作りも可能で、
工夫次第では市販のものよりも
使いやすいものができることもあります。

また使っているケージに合わせて
サイズを自在に調整することもできるのも、
手作りの餌入れの魅力でもあります。

うさぎの餌入れは散らからないような工夫がPOINT

せっかくうさぎの餌入れを作っても、
食べ残しが散らかってしまったり、
ひっくり返されてしまったら
逆に掃除が大変になってしまいます。

できれば掃除もラクにできて、
散らからないような餌入れに
することがポイントです。

例えば

  • ケージに固定できるか
  • 餌入れ自体に深さがあるか
  • ひっくり返されない重量のある素材か

などにポイントをおいて餌入れを選べば、
失敗が少なくなりますよ♪

また牧草などは湿気に弱く、
美味しさをキープするには
保存容器選びも大切です

湿気を防いで長持ちさせる保管方法については、
ぜひこちらの記事をチェックしてみてください。

⇒うさぎの牧草の保存容器は?湿気を防いで長持ちさせる3つの保管方法

まとめ

今回はうさぎの牧草入れを
おすすめのランキング形式で紹介してきました。

ここでランキングのおさらいですが、

1位:マルカン 牧草用エコフィーダー
2位:川井 チモシースタンド
3位:SANKO ワイドフィーダー
4位:CASA かじり木牧草ワイドフィーダー
5位:アドメイト ポタリー チモシーキープ

となっています。

また餌入れは手作りすることもできますが、
散らかりを防止するために
深めの容器や重量のあるものを利用するなど
工夫も必要です。

せっかく牧草入れを用意したのに、
牧草を食べない場合、
もしかすると好き嫌いをしている場合も。

そんな好き嫌いを克服させる
3つの秘訣について、
こちらの記事で詳しく紹介しています。

⇒うさぎが牧草を食べない!?好き嫌いを克服させる3つの秘訣とは

牧草はうさぎにとって
大切な栄養源でもあります。

ぜひ今回の記事を参考に、
あなたのうさぎにぴったりの
牧草入れを見つけてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました