スポンサーリンク

うさぎの病気!目や涙に症状があらわれた時の3つの対処法とは

うさぎの特徴といえば
その長い耳とふわふわとした毛並み、
まんまるの目が印象的です。

そんなうさぎの魅力的な目は
病気にもなりやすい面もあり、
他の病気とあわせて注意しなければいけません。

ですがいざ病気になっても
どんな症状が出るのか分からないと、
すぐに対処することも難しい
ですよね。

今回は、

  • うさぎの目が病気になったときの症状や原因
  • 病気になった時の対処法

について詳しく解説。

いざという時に素早く対応できるように、
ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

うさぎの病気で目や涙に症状が出る3つの原因とは?

うさぎの健康時な目は適度に潤った
潤った綺麗な状態
ですが、
涙が出て濡れているなどした場合は
様々な目の病気が考えられます。

まずはどんな病気があるのか、
考えられる3つの目の病気について
解説していきましょう。

1.うさぎの角膜炎

まず1つめに考えられるのが角膜炎です。

文字通り角膜を何らかの理由で
傷つけてしまうことにより起こる病気
で、

自分の爪で引っ掻いたり、
ケージで暴れたときにぶつけることで
炎症が起きてしまいます。

角膜炎で見られる症状

  • 涙の量が増える
  • 症状が進行すると白く濁る

放っておくと視力低下や
傷が深いと角膜腫瘍になることもあるので、
すぐに病院で診察を受けましょう。

2.うさぎの流涙症

うさぎは普段は涙を流しませんが、
何らかの原因で涙があふれてしまい
止まらなくなることがあります。

それがこの流涙症でもありますが、
原因となるのは結膜炎や角膜炎などのほか、
鼻涙管と呼ばれる涙を排泄する器官が
詰まることで起こります。

流涙症で見られる症状

  • 目から涙があふれる
  • 目の周りが濡れている

目が傷つくことで起こるほか、
他の場所で起きている病気の影響で
引き起こされることもある
ので、
病院で検査し治療となります。

3.うさぎの結膜炎

うさぎの結膜炎は、目の表面を
覆っている結膜が炎症を起こす病気で、
パスツレラ菌やアレルギーが原因で
なることがほとんどです。

結膜炎で見られる症状

  • 目が充血する
  • 涙の量が増加する
  • 目ヤニがでる

結膜炎になると涙で濡れることで
目の周りが皮膚炎になったり、
緑内障になったりすることもあるので
早期治療が必要です。

うさぎの病気で目や涙に症状が出た時の2つの対処法!

うさぎの目の病気は涙や目ヤニが出るなど
一見してわかりやすい症状でもありますが、
放っておくと失明などのリスクもあるため
すぐに対処することが重要
です。

これらの症状が出た場合
どう対処したらいいのか、
次の章で詳しく解説していきましょう。

1.部屋やケージを徹底的に掃除する

うさぎの結膜炎は細菌による感染が
原因なこともありますが、
その他には尿によるアンモニアや
床材が汚れによる刺激でも起こります。

結膜炎だけでなく不衛生な環境は
様々な病気を引き起こす原因にもなるため、
ケージ内は常に清潔な状態にしておきましょう。

またケージだけではなく、
うさぎが遊ぶ部屋も同じです。

特に換羽期は抜け毛も多くなるので
こまめに掃除をしてくださいね。

2.目の病気は病院での処置が必要

うさぎの目の病気は涙が出たりするだけで
そこまで重症に見えない場合もあります。

しかし目にキズがついていると失明したり
他の病気を引き起こすこともあるため、
病院へ行って処置をしてもらう必要があります。

特にうさぎは自分の具合が悪いのを
隠す習性があるため、
私たち飼い主がしっかりと観察し、
手遅れにならないようにしましょう。

こちらの動画では実際に
涙が出ている様子や、涙ケアの仕方を
詳しく解説している
ので、
参考にしてみてくださいね。

3.鼻や歯にも異常がないか調べる

涙だや目ヤニが出ると、ついつい
目に異常があるように思われがちですが、
鼻や歯の病気で目に症状が
出ることもあります。

例えば目と鼻は繋がっていて、
そこの管が炎症して閉じてしまうことで
涙が出ることもありますし、

噛み合わせが悪くなることで歯が伸び、
「涙のう」と呼ばれる涙を溜める袋を
圧迫することで涙が出すぎてしまうことも。

このように目の病気には
目以外の原因も隠れていることが多いので、
しっかりと病院で原因で究明をして
治療してあげましょう。

うさぎの目が飛び出る病気では命にかかわることも!?

結膜炎や角膜炎などの病気が悪化すると
涙や目ヤニだけではなく
目が飛び出る事があり、これは
緑内障になっていることを表します。

緑内障になると眼球が肥大し、
血圧の上昇や衝撃などで外に飛び出て
しまうのですが、緊急かつ危険な状況です。

この状態になると命にもかかわるので、
一刻も早く病院へ行き
処置をしてもらってください。

またうさぎの病気は他にもあり、
腫瘍もその1つです。

腫瘍ができたときの症状については、
こちらの記事で詳しく紹介しています。

⇒うさぎの病気!腫瘍の症状や早期に発見するための3つのポイント!

早期発見のポイントも解説しているので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回はうさぎの病気の1つ、
目の病気の症状や対処法について
解説してきました。

紹介した内容をまとめると、
以下の通りとなります。

  • 目の病気の症状は、おもに涙と目ヤニが出る
  • 目の炎症のほかに、細菌が原因になることもある
  • 飼育環境はいつでも清潔な状態を保つ
  • 鼻や鼻の以上で涙がでることも
  • 放っておくと目が飛び出てしまう病気に!

目の病気は原因が他にあることもあり、
病院で検査することでしか
適切な処置はできません。

最悪の場合は失明することもあるので、
おかしいと思ったら
すぐに病院へ連れて行きましょう。

病院へ連れて行くとなると、
気になるのが病院の費用ですよね。

料金の相場と気をつけたい点を、
こちらの記事で詳しく解説していますので、
連れて行く前にチェックしておきましょう。

⇒うさぎの病院の費用は?料金の相場と気を付けたい2つの落とし穴!

またうさぎだけでなく、飼い主もうさぎが原因で
アレルギー症状を引き起こすことも。

気になる症状や対策方法については、
こちらの記事をどうぞ。

⇒うさぎアレルギーの症状って?発症の初期や重症化を防ぐ3つの対策!

いざという時にすぐに対処できるよう、
ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました